元警察官(警察官10年やりました)のブログ

警察官を約10年勤めた元警察官のブログです。経歴は警察学校→交番→鑑識→刑事→機動隊など。警察官の業務内容や現場実務、恋愛や結婚事情などのプライベート、防犯情報、採用試験対策情報など、警察官に関する情報を総合的に扱っているブログです。

初めての方へ 警察官採用試験対策情報 元警察官に相談したいことがある方はこちら 警察官の副業
 
Top > 副業で稼ぐ > FXをさらに詳しく

FXをさらに詳しく

「FXとは何か」に続いて、さらにFXに詳しくなるために

レバレッジ、
手数料、
スワップポイント
FXのリスク

についてご説明していきます

1 レバレッジとは
  
  FXでは、はじめに取引会社に自分のお金を証拠金として預け入れることで、証拠金の数倍~数十倍の金額で取引できます。これをレバレッジといいます。

レバレッジとは、証拠金にかける「てこ」のようなもので、少ない資本金でも大きな取引ができるようになることを表していて、通常は、レバレッジ何倍といった言い方をします。
 

  前回の記事で、1ドル100円で買って200円で売るという例を出しました。
  わかりやすくするためにあのような例を出したのですが、実際のFXの取引は少し違うんです。

FXでは、通常の商品を売買する時のように、その都度金銭の受け渡しを行うことはありません。取引で生まれた差額分だけを決済する差金決済という方法なので、少額での取引が可能になります。

 たとえば、証拠金10万円で1ドル100円のレートの時に、1万ドル(100万円分)を買ったとします。しかしこの際に100万円を渡すわけではありません。
 
 その後レートが1ドル110円になり、1万ドルを売り決済すると、110万円になります。この時も110万円を受け取るわけではなく、差額である10万円分だけを受け取ることになります。これが差金決済です。

  逆に1ドル90円になった時に売り決済をすると90万円になり10万円のマイナスになります。この時、証拠金の10万円から支払うということになるわけです。

  10万円の証拠金で100万円分の取引をすればレバレッジは10倍です。
 
レバレッジをかけると、利益や損失もその分大きくなります。

10万円の証拠金でも、10倍のレバレッジをかければ、100万円として取引ができます。レバレッジをかけなければ1万円の為替差益だったところが、10倍のレバレッジをかければ10万円の利益に膨らみます。

また通貨間の金利差によるスワップポイント(この後説明します)での利益や損失も、レバレッジの分だけ膨らみます。

もちろん損失の場合にもレバレッジはかかります。1万円の損失が10倍のレバレッジをかけていれば10万円の損失になります。スワップポイントも同様です。
  
 これがFXの大きな特徴のひとつのレバレッジについてです

2 手数料
  FXでも取引する際に手数料が掛かります。
  どのように手数料を取られるかについて極端な例を使ってわかりやすい数字でご説明します
  
  1ドル100円でドルを買ったとします。
  その瞬間全く為替レートが動かなかったとしても、売るときには1ドル95円になっていたりします
  
  1ドル100円で買った。為替がまったく動いていないけど売ろうとしてもレートは95円になってしまいます。

  5円の損ですよね。これがFX業者に取られる手数料になります。
  
  この手数料のことをスプレッドと言います。

  つまり手数料がある分だけ、エントリー(買い売りで入って自分のポジションを持つこと)した瞬間にすでに必ず少なからずマイナスが発生するんです。

  これがFXでの手数料になります。

  ただし、この手数料(スプレッド)はFX業者によってかなり違います。さらに通貨によっても異なります

  私が現在メインで使っているFX業者のDMM・FX(タレントのローラと清原のCMでおなじみ)
では、アメリカドルと日本円でのスプレッドが0.3(100円100銭で買った時、100円97銭での売値になるということ)、ユーロと日本円だと0.7、オーストラリアドルと日本円だと1.0というスプレッドになっています

 手数料だけを考えればもっと安い業者もあるのですが、取引のやり易さや画面の見易さなどから私は最近ではDMM・FX
を使っています

このようにレートは同じでも「買い価格」と「売り価格」が異なる仕組みを2way(ツーウェイ)プライスといいます


3 スワップポイント

スワップポイントとは、日本と外貨を発行している国と国の間にある金利差の事です。この金利差を利用して利益を生み出す事もできます。

例えば、日本の金利が1%で外貨の金利が5%だったとしましょう。

すると「5-1=4」となり4%の金利差が生まれます。この金利差はスワップポイントとして証券会社に蓄えられます。買いポジションをもっていると1日4%のスワップポイントが加算されていくので、ポジションを持っているだけで口座の資金が増えていく様になります。

ただ、スワップの発生は金利の低い通貨を売却して金利の高い通貨を買った場合だけとなります。
金利の高い通貨で金利の低い通貨を買うと、逆にマイナス金利が発生していきます。

金利が高い代表的な通貨としては、オーストラリアドルや南アフリカの通貨のランドがあります

私の使っているDMM・FX
を例にとると、最小取引単位である1万通貨でオーストラリアドルを買うと、毎日約150円の金利が得られます。

毎日金利で150円を受け取るということを、日本の銀行に預金して獲得するためには100万を超える預金が必要になります。それを考えたら、日本円を持っていてはとても得ることのできない金利を得ることができます。

また150円というのは取引できる最小単位での金額ですので、2万通貨買えば金利も倍の300円になります。

スワップに関して最後に注意しなくてはならないのは、金利の高い通貨で金利の安い通貨を買うとマイナス金利が発生するということです。

オーストラリアドルを売って日本円を購入した場合、上記とは逆に毎日約150円のマイナス金利が発生していきます

FXで稼いでいる人の中には、リスクの高い為替変動での利益狙いよりも、確実に金利を獲得できるスワップ狙いの手法で利益を得ている人もいます。

外貨預金のように高い手数料ばかり取られてしまう投資をやるのであれば、FXの方が安い手数料で外国通貨の金利を獲得できると言えます。


4 FXのリスクについて

 投資には必ずリスクがあります。
 リスクがないのに絶対に儲かるなどという話は存在しません。
 あるとしたら振り込め詐欺くらいです

 FXももちろんリスクがあります。
 いくつかのリスクがありますが、最も大きいリスクは為替変動リスクです。

 自分が1ドル100円の時にドルを買った。円安に動くと思っていたのに、逆にどんどん円高に動いて1ドル50円になってしまった。
 もしこの時1万通貨で取引していたらマイナス50万円です。

↓のチャートを見て下さい
ri-man.png
これは2007年から2008年頃に起きたリーマンショックの時の為替チャートです。

アメリカドルが短時間の間に急落しています。
この時にアメリカドルを買って持ち続けていたらものすごい損失です。
実際にそのような人が数多く発生しました
一晩で何百万という損失を出したという個人投資家の話を数多く聞きました。


 大きく儲けが出せるということは、大きく損失を出す可能性もあるということです。

 ただしFXでは、損失が大きく膨れてしまう前小さい損失で抑える方法があります。
 それを徹底してやることで、ある程度のリスクヘッジをすることができます。
 詳しい方法については、こちらの記事でご紹介しています

 FXをやる際には常にリスクを抑えながらやるということが必要です

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

スポンサードリンク
PV
プロフィール

元警察官

Author:元警察官
 警察官として約10年勤務。経歴は警察学校卒業後、警察署地域課(交番・パトカー)、警察署刑事課(刑事・鑑識)、機動隊など。現在は、警察官志望者への採用試験相談や、警察官との恋愛結婚相談、防犯・トラブル相談など、警察官としての経験を活かせる全ての相談を行っています。メインブログはhttp://ameblo.jp/totakou/です。元警察官が真剣に相談にのります。

ブロマガ

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

広告
ブログランキング
お役に立てた記事でしたらクリックお願いします
FC2ブログランキング
お役に立つ記事でしたらクリックお願いします

FC2Blog Ranking

rkauten
最新記事
カテゴリ