警察官10年やって子育てに専念するために退職

警察官を約10年勤めた元警察官のブログです。経歴は警察学校→交番→鑑識→刑事→機動隊など。しかし、こどもが生まれたことが転機となり退職。ブログ内容は警察官時代のこと、防犯情報、採用試験対策情報、子育て・家事のことなど。

初めての方へ 警察官採用試験対策情報 元警察官に相談したいことがある方はこちら ケチな私が買って大満足したモノのリスト
 
Top > 防犯情報 > 犯罪被害者にならないための原則2

犯罪被害者にならないための原則2

犯罪被害者にならないための原則の2つめは、

瞬時に逃げる

です

例えば外でいきなりガラの悪そうな連中に「おいちょっと待てよ」と声を掛けられたとします。

この段階では相手がこの先何を言ってくるかはまだわかりません。
でも相手の身なりや話し方で、この一瞬だけで「まずいかも」ということは感じるはずです。

その瞬間に全力で逃げて下さい

そこで相手の話を聞こうとしたり、交渉しようとしてはいけません。
そんなことをしてもあなたに何一つメリットはありません。

逃げたらもっとひどい目に遭うかもしれない、と思うかもしれません。
そういった可能性もゼロではないです。

でも逃げた後に捕まっても、逃げずにそのまま対応したとしても、結果はあまり変わらないことの方が多いです。

またよく見られるパターンとして、聞こえないフリをしてそのままのペースで歩き続けるということがあります。

これもあまりよくありません。
追いかけてこられたら同じことです。


声を掛けられてしまった瞬間、場合によっては声を掛けられる前の段階で危険そうな相手の存在に気が付いた瞬間、すぐに逃げて下さい。

会話や交渉はしてはいけません。
交渉にもなりません。

恐怖を感じると体が動かなくなることはあります。
でも、最初に一瞬のチャンスを逃すと、もっと逃げるチャンスは無くなっていきます。

最初の一瞬が分かれ目になります。

少しでも人のいそうな方向に向かって躊躇せずに走り出して下さい





style="display:inline-block;width:728px;height:90px"
data-ad-client="ca-pub-5345187685470562"
data-ad-slot="9636072998">

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

スポンサードリンク
PV
プロフィール

元警察官

Author:元警察官
 警察官として約10年勤務。経歴は警察学校卒業後、警察署地域課(交番・パトカー)、警察署刑事課(刑事・鑑識)、機動隊など。現在は、警察官志望者への採用試験相談や、警察官との恋愛結婚相談、防犯・トラブル相談など、警察官としての経験を活かせる全ての相談を行っています。メインブログはhttp://ameblo.jp/totakou/です。元警察官が真剣に相談にのります。

メッセージはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事