警察官10年やって子育てに専念するために退職

警察官を約10年勤めた元警察官のブログです。経歴は警察学校→交番→鑑識→刑事→機動隊など。しかし、こどもが生まれたことが転機となり退職。ブログ内容は警察官時代のこと、防犯情報、採用試験対策情報、子育て・家事のことなど。

初めての方へ 警察官採用試験対策情報 元警察官に相談したいことがある方はこちら ケチな私が買って大満足したモノのリスト
 
Top > 警察官採用試験 > 私(元警察官)の採用試験対策

私(元警察官)の採用試験対策

私が採用試験を受験したのはもう約10年前になります。

ですので、どこまで役に立つかわかりませんが、一応合格者の一人として体験記を書きます

受験区分は大卒コース

受験準備を始めた時期は、1次試験の約3ヶ月前

受験対策学校を利用

以下詳細について



受験をしようと決めた時の状況
当時私は既に別の仕事をしており、その仕事を辞めずに働きながら受験することになりました。

なんとなく警察官を受験してみようかなと思ったのが、試験の4~5カ月前くらいでした。

私は小さいころから絶対に警察官になりたいと思っていたわけではなかったので、その時になって決めたことでした。


受験を決めてからの計画
警察官の採用試験を受けてみようと思って、まず試験の日程を調べてみたところあと4カ月くらいということで、あまり時間がないということがわかりました。

次にやったことは、過去問を見たことです
この時初めて警察官採用試験にどんな問題が出されるのかを見ました。

国語、英語、経済、政治、歴史、地理、化学、生物、数学、数的処理、判断推理など、かなり幅広い分野から出題されるということがわかりました。
特に文系の大学だった私にとって、理数系の問題を攻略することが一番の課題だと思いました。
人文系や社会系の問題については、大学入試の方が難しいくらいの難易度でしたので、とにかく理数の問題に時間と労力を掛けていこうと考えました

また、当時働いていた仕事を辞めて受験に専念することはできなかったので、朝から夕方までは仕事をして、勉強は夜や朝、休日にしなくてはいけませんでした

そうすると、限られた時間の中でかなり効率的な勉強をする必要がある。
理数は元々苦手な上に、大学以降ほとんどやったことがない。
それを残り3カ月で克服するには独学では無理だと判断しました

そこで、出題分野の中から自分が苦手な分野から優先的に受講することができて、さらに日中の夜間や土日祝日に講義を受けることができる受験対策学校を探しました。

このように、相手(過去問など)と自分の能力や状況を認識して、合格するために一番近道と思える計画を立てたのがよかったと思っています


受験対策学校の選択

警察官採用試験対策講座をやっている学校は実はたくさんあります。

どこの学校がいいのか、迷われる方も多いと思います。

学費も結構な金額が掛かるので、学校選びは絶対に失敗したくないところです。

当時の私も学校選びには労力を掛けました。

ただし私の場合は、「自分の受けたい分野の講義から受けられる」「夜間など受講時間が弾力的」という条件がありましたので、それだけで大手3校くらいまで絞られてしまい、後はその3校について、受講料や実績、講師の評判などを比較しました。

特に講師の能力は重要です。いくら受講料が安くても、実力のつかない講師の講義をいくら受けても意味がありません。

では入学する前に、講師の良しあしや自分との相性をどうやって判断すればいいのか。
当時は動画サイトなどで講義の視聴などまだまだありませんでした。
実はこういった学校の講師というのは、テキストを執筆していたりするんです。
一般の書店で買えるものですので、そのテキストを立ち読みして、「この講師はよさそうだな」という方法でも判断しました。

その中で私が最終的に学校を決定することになった講師が、畑中敦子という人が執筆した数的推理のテキストでした。

独学では絶対に身につけることのできない独自の解法が数多くあって、普通にやったらすごく時間が掛かるような問題を裏技のような近道の方法で回答に辿り着ける方法がたくさんありました。

理数系分野が最重要と考えていた私は、この畑中敦子という講師にかけてみようと思い、この人が講義を行っている学校「LEC東京リーガルマインド
」という学校に決めました。

結論からいうと、このLEC東京リーガルマインド
にして本当によかったと思える学校でした。
畑中敦子の講義は、一般に販売されているテキストには出てない解法をたくさん身につけることができましたし、他の講師についてもさすがプロだなと思えるような強力な指導力のある講師たちばかりでした。

初めて過去問を見た時には手も足も出なかった理数の問題が、3カ月でほとんどの問題に対応できるようになりました。


あまり評判のよくない学校についても知っていますが、それはここでは書かない方がいいと思うので、この学校は止めた方がいいというのを知りたい方は直接メッセージで問い合わせて下さい

これが私が私が受験対策学校を選んだ理由や経過になります。

今でも(2014年2月現在)このLEC東京リーガルマインド
という学校は、かなりの合格実績を出し続けていますので、1回の受験で合格したいという人にはお勧めです。

受講料はそれなりに掛りますが、他の大手の学校と比べればむしろ少し安い方ですし、独学で受験して何度も受け直すよりは、まとまった受講料を払って一発で合格して早く警察官の給料をもらい始めた方がトータルではプラスになると思います。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

スポンサードリンク
PV
プロフィール

元警察官

Author:元警察官
 警察官として約10年勤務。経歴は警察学校卒業後、警察署地域課(交番・パトカー)、警察署刑事課(刑事・鑑識)、機動隊など。現在は、警察官志望者への採用試験相談や、警察官との恋愛結婚相談、防犯・トラブル相談など、警察官としての経験を活かせる全ての相談を行っています。メインブログはhttp://ameblo.jp/totakou/です。元警察官が真剣に相談にのります。

メッセージはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事