警察官10年やって子育てに専念するために退職

警察官を約10年勤めた元警察官のブログです。経歴は警察学校→交番→鑑識→刑事→機動隊など。しかし、こどもが生まれたことが転機となり退職。ブログ内容は警察官時代のこと、防犯情報、採用試験対策情報、子育て・家事のことなど。

初めての方へ 警察官採用試験対策情報 元警察官に相談したいことがある方はこちら ケチな私が買って大満足したモノのリスト
 
Top > スポンサー広告 > 「こ」ならガッツポーズ、「へ」と「か」は落胆と疲労の襲来・・・ 警察官ブログ > 「こ」ならガッツポーズ、「へ」と「か」は落胆と疲労の襲来・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「こ」ならガッツポーズ、「へ」と「か」は落胆と疲労の襲来・・・

無線指令で、次の一文字を息をのんで待つ瞬間の話。

一文字とは、「こ」ならガッツポーズで喜び、「へ」「か」だと肩を落として仕事開始です。



刑事課員の時、夜勤中の深夜帯は何も事案がなくても署にいることは少なかった。

ほとんど捜査車両で外に出て、コンビニやパチンコ店、公園の駐車場などで寝ていた。

これはパトカー勤務ではできないこと。

パトカーで制服で寝ていたら、それを見て通報するようなヒマ人がたくさんいる。

しかし覆面捜査車両で、作業着であればわからない。

そして、刑事課事案が入ると動き出す

夜勤は大体そんな感じだった。
92bca15af5c467bb4a9093227a1eeaca_t.jpeg


警察官がもつ特殊な能力のひとつに、

自分の管内の無線指令だけはなぜかしっかり反応する

というものがある。


警察署に勤務する警察官はいつでも無線を聞いている。

パトカーにも覆面車両にも無線が積んであって、車内では流れている。

110番はひっきりなしに入ってくる。無線が途絶えることはほとんどない

「〇〇署管内、酔っ払いの騒ぎ。場所は・・・・」
「続いて○○署管内は、車上狙い、場所は・・・」


自分が勤務する警察署以外の通報もたくさん流れている


無線が流れているからと言って、常にすべて耳を傾けて聞いているわけではない

勤務員同士で大きな声で笑い話をしている時もあるし、車内で寝ていることもある。

そんな時は無線が流れていても、ほとんど意識して聞いていない。

「聞く」と「聴く」のちがいの意味で合っているだろうか。

例えば、本を読みながらテレビをつけている時。

意識は本に集中している。

その時は、テレビの音声は耳には入ってきているけど、内容は頭に入っていない。

それと同じ感覚。

意識は別のことにいっていて、無線の声は耳に入ってきているだけ。


しかし、これは警察官の職業病のひとつ。

まったく意識して聞いていない無線でも、自分の管内の無線が入ってきた時には、なぜかすぐに反応してキャッチする。

「〇〇署管内・・・」

「あ、うちだ」

大声で話していた時でも、自分の管内の無線が入った瞬間に会話を止めて無線に意識がいく。


この病気が重症なのは、寝ている時でも反応することだ。

車内で数人で寝ている。

必ず誰か一人は反応する

絶対に反応しない強者もいたが。


しかし、自分の署の無線が流れたとしても、まだ自分たちの仕事になるかどうはわからない。

私たちは刑事課員。刑事課事案でなければ、動く必要はない

「○○署管内、けんかの通報・・」
「○○署管内、当て逃げの通報」


これなら仮眠を続けられる。

しかし、私たちが刑事課員がもっとも緊張が走る瞬間がある

その恐るべき無線の出だしがこれ

「○○署管内、消防からの転送、」

消防に入った通報で、警察も行く必要がある事案の場合、消防から警察に通報が転送される

そしてこの「消防からの転送」の次に何が来るか。

これが3つのパターンがある

ひとつが「交通人身事故」。

この交通の「こ」だった瞬間、私たち刑事課員は安堵する。

消防からの転送・・交通人身事故、場所は・・・

これは交通課の仕事であり、刑事課員には関係ない。仮眠を続行。



しかし、残りの2つのパターンの場合、これは刑事課の仕事の中でもかなり負担の重い大仕事の襲来を告げることになる

それが「へ」「か」から始まる事案。

消防転送・・。緊張が走る

頼むぞ頼むぞ。「こ」が来い。今日は(も)夜は寝たいんだ。
38df8a13e54ac8e9a4e6280110900339_t.jpeg



しかし、大砲が発射される
284213m.jpg


へ○○の通報 または 「か○○の通報

がっくりと肩を落とす。
b64cb4e3505d177a45b2925ab7b0fb11_t.jpeg


入ったしまった・・・・。

これで今夜は一睡もできない。

状況によっては、夜勤明けも夕方まで帰れない。

しばらくの沈黙の後、誰かが言い出すのを全員が待っている

「・・・・行きますか」
「行くしかないよな」

車内は重い空気。

無線を入れる

「現場向かいます」


はぁ・・・。

眠そうな顔の人たちが乗った車はゆっくりと発進していく。長い夜が始まる。
c5a804739b5952862ebb889f8b459605_t.jpeg

チキショー!


いいよな、通信指令課は。座って無線してればいいんだからよ。バカ野郎!

完全な八つ当たり。


「へ」と「か」が何か

これまでのブログ記事を読んでくれている方ならすぐにわかるでしょう。








関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

お疲れ様です。

「ヘ」は分かったんですが(笑)
「か」が分かりません…(^^;;

Re: お疲れ様です。

> 「ヘ」は分かったんですが(笑)
> 「か」が分かりません…(^^;;

火災です。火災は本当に大変でした
スポンサードリンク
PV
プロフィール

元警察官

Author:元警察官
 警察官として約10年勤務。経歴は警察学校卒業後、警察署地域課(交番・パトカー)、警察署刑事課(刑事・鑑識)、機動隊など。現在は、警察官志望者への採用試験相談や、警察官との恋愛結婚相談、防犯・トラブル相談など、警察官としての経験を活かせる全ての相談を行っています。メインブログはhttp://ameblo.jp/totakou/です。元警察官が真剣に相談にのります。

メッセージはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。