警察官10年やって子育てに専念するために退職

警察官を約10年勤めた元警察官のブログです。経歴は警察学校→交番→鑑識→刑事→機動隊など。しかし、こどもが生まれたことが転機となり退職。ブログ内容は警察官時代のこと、防犯情報、採用試験対策情報、子育て・家事のことなど。

初めての方へ 警察官採用試験対策情報 元警察官に相談したいことがある方はこちら ケチな私が買って大満足したモノのリスト
 
Top > 警察官ブログ > 警察官志望者必見。これを読めば警察の労働環境はブラックかどうかわかる。(有料記事)

警察官志望者必見。これを読めば警察の労働環境はブラックかどうかわかる。(有料記事)

警察の労働環境はブラックなのか。

ブラックだとしたら、どれくらいのものなのか。

勤務時間や休日、残業代など、労働環境について詳しくまとめました。


項目(本編内容はnote有料記事)

(1) 勤務形態・労働時間・残業
 ①勤務開始時間の1時間以上前に出勤しなくてはいけない理由とは
 ②警察官にとって避けられない夜勤。
   仮眠は取れるのか。36時間寝ずに勤務?
   一睡もできずに迎えた夜勤明け。夜勤明けにも膨大な仕事が残る構造とは。
   消防の方が断然ホワイトだと知ってがっくりした時。
  
 ③休日出勤はあるのか。どのような場合にあるのか
 ④非常招集~休日でもいつ呼びされるかわからない
   召集は大事件発生などの時だけではない。「そんなくだらないことで召集するな」と私が呆れた非常招集とは
   急な休日出勤や非常招集などの勤務した場合、その分の代休はあるのか

 ⑤交番警察官の時と刑事課員の時の平均残業時間


(2)休日・年休
  ①休日でさえ自由が制限されるとはどういうこと
  ②年間で年休をどれくら取得できるのか。
  ③海外旅行?行けると思う?

(3)賃金
 ①同期採用(同じ勤続年数)、同じ階級であっても、給料が数万円単位で異なるのはなぜか
 ②警察官は公務員なのに安定していないと言われる理由。所得が激しく増えたり減ったりするのはなぜか
 ③残業代は出るのか
 ④30歳頃の年収が約〇〇万円。時給に換算すると高いのか低いのか。


(4)警察官たちの勤務がブラックにならないためには、私たち市民が〇〇すること
 私からのお願い


以上の内容です

自分が志望する仕事の労働環境を事前に知ることは重要な情報です。

警察官志望者のために価格は安くしました


人生を左右する決断に役立てて下さい

↓↓本編有料記事
警察官志望者必見。これを読めば警察の労働環境はブラックかどうかわかる。(有料記事)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

スポンサードリンク
PV
プロフィール

元警察官

Author:元警察官
 警察官として約10年勤務。経歴は警察学校卒業後、警察署地域課(交番・パトカー)、警察署刑事課(刑事・鑑識)、機動隊など。現在は、警察官志望者への採用試験相談や、警察官との恋愛結婚相談、防犯・トラブル相談など、警察官としての経験を活かせる全ての相談を行っています。メインブログはhttp://ameblo.jp/totakou/です。元警察官が真剣に相談にのります。

メッセージはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事