警察官10年やって子育てに専念するために退職

警察官を約10年勤めた元警察官のブログです。経歴は警察学校→交番→鑑識→刑事→機動隊など。しかし、こどもが生まれたことが転機となり退職。ブログ内容は警察官時代のこと、防犯情報、採用試験対策情報、子育て・家事のことなど。

初めての方へ 警察官採用試験対策情報 元警察官に相談したいことがある方はこちら ケチな私が買って大満足したモノのリスト
 
Top > 警察官ブログ > やりがいを感じた警察の仕事①

やりがいを感じた警察の仕事①

私がやりがいを感じた警察官の仕事です

1 パトロール&職務質問  当たった時の快感はクセになるほどハマる!

2 取り調べ  否認をどうやって吐かせるか。時には情に訴え、時には厳しく

3 鑑識活動 犯人が何を考えどう動いたかを推理。職人的な技術も必要

4 制圧・逮捕 膝とアスファルトで頭を挟め

5 緊急走行でブッ飛ばす  パトカー通ります、道を空けなさい!

6 熱くなっている相手にこそ、余裕のアイスマンが勝利




今回は一回目

パトロール&職務質問 ~ 当たった時の快感はクセになるほどハマる! ~
 警察官職務執行法(警職法)2条1項。
 「警察官は、異常な挙動その他周囲の事情から合理的に判断して何らかの犯罪を犯し、若しくは犯そうとしていると疑うに足りる相当な理由のある者又は既に行われた犯罪について、若しくは犯罪が行われようとしていることについて知つていると認められる者を停止させて質問することができる。」

 この法律を根拠に、警察官は市民に声を掛けて質問することができます。

 誰に声を掛けるかはその警察官の能力次第。

 警察官の中には職務質問のプロフェッショナルもいます。

 私などは「何を見て気が付いたの?」と聞きたくなるくらい、一瞬見ただけで怪しいと見抜いてしまうんです。

 職質はスリルもあって、自分の能力がモロに表れる職務です。

 職質でバンバン検挙できる警察官は、それだけで貴重な人材といえます

 しかしやってみるとこれが本当に難しい。

 一日で何十人と声を掛けてもまったく当たらない時もある。

 やってもやっても当たらないと、だんだん声を掛けるのが嫌になって来る。

 普通に歩いてる人、普通に走っている車やバイク、自転車。

 それを見ただけで犯罪を見つけるんだから簡単なわけがない

 さらには、文句言われることも多い

 「急いでいるんだよ」
 「これ任意だろ。」
 「何もなかったらどう責任とるんだ?」


 私も最初は好きではありませんでした

 
 しかし!ついにその時がやってきたのです。一人で職質して初めて当たった!
  嬉しかった。  本当に快感。
  仕事した達成感半端ない。シャンパンファイトしたいくらい
  これはハマる。↓これはライコネン初優勝の時のシャンパンファイト。2003年マレーシアGP。
   e357a9c6.jpg


 それまで好きではなかった職質への認識が一変しました

 仲間と一緒にやって盗難自転車に乗っていたのを検挙はすでに何件かやっていました。

しかし完全に単独での職質検挙はこれが初めてでした。


 やはり初めての検挙でしたので、今でもすごくよく覚えています。

 一人での職質で初めて検挙したのは、盗んだオートバイに無免許で乗っていた男でした
 

 昼頃、交番のすぐ目の前でした。

 信号待ちしているオートバイ。
e47032102989bcb278bd293c947af573_t.jpeg

 あれ?と気が付きました

 職質の達人に教わった不審ポイントがあるぞ

 早くしないと信号が青になったら行ってしまう。

 すぐに駆け寄って声を掛けました

 「こんにちは、警察です。・・・・・・・・免許証見せてもらえますか?」

 「すいません。無免許です」

 来たぁぁぁ!
4a5ba1a428b1605739bd34e72c3a94ff_t.jpeg

 「エンジンを切って、交番まで一緒に来てください」

 バイクのナンバープレート照会。
 盗品ヒット!
 ダブル来たぁぁ!
 5a3d2c8ccb7d50b69db0a5f92f6df984_t.jpeg


   窃盗と無免許のダブル検挙は中々ありません。

 嬉しかった。本当に嬉しかった。 その日一日中ウキウキした気分が続いていました

 そして大きな自信になりました。

 教わったポイントを見つければ自分でもできるんだ。

 よし、これからはもっとやろう。

 その後も職質はとてもやりがいを感じた仕事でした

 何でもそうですが、ゼロから1に行くまでが大変。

 それができた瞬間でした。

 


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

こんにちは

巡回連絡に来た警察官に
声をかけられた時は
何故か緊張しました笑

観察力が必要なのかな?
一朝一夕にはいかないんですね。

私だったら交番で
子供達の帰りを見守りたいです。
スポンサードリンク
PV
プロフィール

元警察官

Author:元警察官
 警察官として約10年勤務。経歴は警察学校卒業後、警察署地域課(交番・パトカー)、警察署刑事課(刑事・鑑識)、機動隊など。現在は、警察官志望者への採用試験相談や、警察官との恋愛結婚相談、防犯・トラブル相談など、警察官としての経験を活かせる全ての相談を行っています。メインブログはhttp://ameblo.jp/totakou/です。元警察官が真剣に相談にのります。

メッセージはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事