警察官10年やって子育てに専念するために退職

警察官を約10年勤めた元警察官のブログです。経歴は警察学校→交番→鑑識→刑事→機動隊など。しかし、こどもが生まれたことが転機となり退職。ブログ内容は警察官時代のこと、防犯情報、採用試験対策情報、子育て・家事のことなど。

初めての方へ 警察官採用試験対策情報 元警察官に相談したいことがある方はこちら ケチな私が買って大満足したモノのリスト
 
Top > 子育て > こどもが4~5歳になったら、包丁を使って料理することに挑戦しよう

こどもが4~5歳になったら、包丁を使って料理することに挑戦しよう

私は、こどもの5歳の誕生に↓↓この二つを贈りました



どちらも本物の刃です。切れ味抜群です。

うちのこどもは5歳になる以前から、キッチンで料理を手伝うのが好きでした。

私自身が、こどもと遊びながら料理する時間にすごく幸せを感じていました。

休日のご飯づくりにはいつもこどもをキッチンに誘っていました。

3歳くらいでは、レタス洗って、ホットケーキの粉混ぜて、卵割って。
528fd1448740c5442a434e6276678ffc_t.jpeg


小さい手で一生懸命調理する姿を見るのは親の特権

こどもは遊び感覚で楽しみながらやりますよ。

確かにこどもに手伝わせる方が時間は掛かる。

時間がない平日の夕食の準備とかでは難しいです。

でも休日の朝ごはんや昼ご飯なら、早めに取り掛かって時間を掛けてやれるでしょう。

小さいうちから慣れさせれば、こどもは本当の戦力になっていきます。

こどもがやれることが増えれば、親はその分他のことをやれるようにもなる

最初に掛ける時間は、将来への投資です


しかしこどもとの料理を勧める一番の理由は、親の幸せです。

小さな手で一生懸命やるこどもを見るのは親にとって格別な幸せです。

この幸せをもらわないのは、親としてもったいない

こどもは失敗だらけです。
粉はこぼすし、卵は殻が入っちゃうし、

しかし、そういう時間が親として最高に幸せを感じる瞬間です。

キッチンが汚れたら、一緒に笑えばいい。

間違っても叱らないように。

楽しい時間と思わなければ、こどもはまたやりたいとは思いません。


自然と刃物を使う工程へ進む

簡単なことからやっていくうちに、こどもはどんどんやりたがるようになる。

そして、「私も包丁で切りたい」と言い出すのは自然なことでしょう

こどもがやりたいと言ったタイミングを逃さないで下さい。

「まだ危ないからダメ」とい言ったら、こどもが次にいつやりたがるかわかりません。

やりたいと言ったタイミングでやることが絶対に一番いい。

しかし刃物ですから、もちろん一人ではやらせない。

こどもに包丁を握らせ、子供の手の上から親が握ります。

12040601.jpg

これなら指を切断するような大事故は起こらない。

最低限の安全は絶対確保して、親が一緒にやってもこどもは満足します


でもこどもはやっぱり一人でやりたい

一人でやりたいと言うようになったら、それもそのタイミングを逃さないようにしましょう。

大人が使う包丁はやはりこどもには大きくて重い。

そこで私はこどもに誕生日プレゼントで、こども用の包丁とピーラーをプレゼントしました

すごく喜んで、今まで以上にキッチンに立つようになってくれました。


子ども用の包丁はたくさんある

かなりたくさんあって、結構調べました

まず私がいつも除外するのが「キャラクターもの」です

自転車でも、文房具でも、「キャラクターもの」は品質以上に価格が高い。

私は実用的な物ほど「キャラクターもの」は除外してしまいます。

しかし、「キャラクターもの」にした方がいい場合もあります。

キャラクターものにした方が、こどもが気に入ってよく使いたがる場合です。

この場合は、こどもの好きなキャラクターものにしてもいいかもしれません

気に入らないで使わなかったら、どんなに高品質でも意味ないですからね。


私が購入した包丁はこれでした。



このピーラーは一応子供用です
しかし大きさは大人用とはあまり変わりません
切れ味は抜群です
親が使っていたものよりも切れるので、私もこっちを使ってしまうくらいです
 

2点で3千円もしません。

同じ遊びしかできないような、3日で飽きるオモチャをプレゼントするより絶対にいいですよ

ちなみに左利き用もあります↓↓


小学校低学年用もあります


小学校高学年用もあります。しかし高学年なら大人と同じものを使ってもいいではないかと思います

小学校高学年まで、ほとんど包丁を使ったことがないというこどもにはいいかもしれませんね。


4~5歳くらいから、刃物の正しい使い方に慣れさせていきましょう

ここで時間と労力を投資しておけば、親自身があとで楽できるかもしれませんよ

何より、こどもと一緒に幸せな時間を過ごせます。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

スポンサードリンク
PV
プロフィール

元警察官

Author:元警察官
 警察官として約10年勤務。経歴は警察学校卒業後、警察署地域課(交番・パトカー)、警察署刑事課(刑事・鑑識)、機動隊など。現在は、警察官志望者への採用試験相談や、警察官との恋愛結婚相談、防犯・トラブル相談など、警察官としての経験を活かせる全ての相談を行っています。メインブログはhttp://ameblo.jp/totakou/です。元警察官が真剣に相談にのります。

メッセージはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事