警察官10年やって子育てに専念するために退職

警察官を約10年勤めた元警察官のブログです。経歴は警察学校→交番→鑑識→刑事→機動隊など。しかし、こどもが生まれたことが転機となり退職。ブログ内容は警察官時代のこと、防犯情報、採用試験対策情報、子育て・家事のことなど。

初めての方へ 警察官採用試験対策情報 元警察官に相談したいことがある方はこちら ケチな私が買って大満足したモノのリスト
 
Top > 警察学校初任科 > 初めてけん銃の実射訓練をした時の衝撃と・・・

初めてけん銃の実射訓練をした時の衝撃と・・・


有料記事「警察学校のことが本当にわかるマガジン」を購入してくれている方々。

新記事「警察学校で初めてけん銃の実射した時に一番驚いたこと」

を追加しました。

警察学校のことに興味がある方はぜひこの機会に購入をどうぞ。

一度購入すれば、今後の新記事も全て読めます。

記事が追加されるたびに値上げしますので、早めに購入された方がお得です。


警察学校では、本物のけん銃訓練があります。
 
本物のけん銃を撃つことは、日本では警察官や自衛官など、ごく限られた人しかできないでしょう。

初めてけん銃の実射をした時のことです。5e9aeb6cc4a6c43d8ea6a19578504913_t.jpeg



1 射撃訓練場で撃つまでには長期間の座学がある

2 初めて本物のけん銃を持った時、想像とは大きくちがったこと

3 初めてけん銃を持たされる際、教官が何度も念を押してた絶対にやってはいけないこと
  
  そして、あの彼。マガジンで何度も出てくるあの彼。やってはいけないと言われることのほとんどをやってしまうマヌケな彼です。

彼はここでもやはりやってくれました。教官が絶対にやらないように気を付けろと何度も言っていたのに、やはりやってしまいました。

  周りで見たいた私たち。さすがにこの時は笑えない。私たちまで顔が引きつりました
 「あれだけ言われたのにやるかよ」

 これから初めての射撃なのに、教官ブチ切れかよ。

4 射撃場内の中の緊張感は他にはない

5 ついに初めての射撃

  教官の「始め!」の号令が掛かっても誰も撃たない!
 
  体のこことここが痛い!  


痛み、冷や汗、臭い、身体のあちこちから感じた初めてけん銃の衝撃はこちらから↓↓ 
初めてのけん銃実射訓練の時の衝撃
(7月13日現在900円)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

スポンサードリンク
PV
プロフィール

元警察官

Author:元警察官
 警察官として約10年勤務。経歴は警察学校卒業後、警察署地域課(交番・パトカー)、警察署刑事課(刑事・鑑識)、機動隊など。現在は、警察官志望者への採用試験相談や、警察官との恋愛結婚相談、防犯・トラブル相談など、警察官としての経験を活かせる全ての相談を行っています。メインブログはhttp://ameblo.jp/totakou/です。元警察官が真剣に相談にのります。

メッセージはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事