警察官10年やって子育てに専念するために退職

警察官を約10年勤めた元警察官のブログです。経歴は警察学校→交番→鑑識→刑事→機動隊など。しかし、こどもが生まれたことが転機となり退職。ブログ内容は警察官時代のこと、防犯情報、採用試験対策情報、子育て・家事のことなど。

初めての方へ 警察官採用試験対策情報 元警察官に相談したいことがある方はこちら ケチな私が買って大満足したモノのリスト
 
Top > 地域課・交番・パトカー > 交番に来てホームレスの文句を言うババアがホームレスよりも醜かった

交番に来てホームレスの文句を言うババアがホームレスよりも醜かった

心が醜いのが見た目にもよく表れていると思ったことです。

交番で勤務中の確か午後3時頃だったと思います。
交番に女性がやってきました。

年齢は50代半ばくらいでした。

体格デブ
厚化粧ケバケバ、
香水プンプン

お金をかけて自らを醜くされているようでした。


入ってくるなり第一声が

「ねぇ、あのホームレスたちはなんとかしないの?」

私の心の声
「なんだこいつ。会話能力低すぎだな」

実際に口から発した言葉
「どうされましたか?」

ババア
「どうされましたかじゃなくて、ホームレスは何とかしなくていいの?」

私「ホームレスの何をですか?今何かもめ事を起こしてましたか?」

ばばあ
「駅に来るたびにホームレスが目に入ってイヤなのよ。私はこの町に何十年て住んでいる。あぁいう連中が駅いると私の町の品位
が下がるでしょ」

私の心の声
「品位のかけらもないお前がよく言えたもんだ。自分の品位もわからないのか。その前にこの町はお前の町ではない。」

実際に口から出た言葉
「駅にホームレスがいるのが迷惑だから何とかしてほしいという要望ですか?」

ババア
「そう。あいつらのせいでこの町の品位が落ちるんだから。このままでいいわけないでしょ」


「わかりました。しかし、彼らの支援をすることは警察の業務ではありませんので、どこに伝えればいいか調べてみますね。」

ババアは「なるべく早くなんとかしてちょうだい」と言って立ち去って行きました


このババア、ホームレス以下だなと思いました。

どうやったらこんな感覚を持った人間になるんでしょうか。

自分は上層市民みたいな感覚になっているのか。

そして、生活困難者を見下すことで、その上層市民感覚に一層の優越感を感じることができるのでしょうか。

他にも疑問を感じる点はたくさんあります。

交番に入ってきての第一声もおかしいし。

相対的な優越感でしか自分を計れない人っていますからね。

交番にいるといろんな人来くるので、心のあり方も実にいろいろあることがわかります。








関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

スポンサードリンク
PV
プロフィール

元警察官

Author:元警察官
 警察官として約10年勤務。経歴は警察学校卒業後、警察署地域課(交番・パトカー)、警察署刑事課(刑事・鑑識)、機動隊など。現在は、警察官志望者への採用試験相談や、警察官との恋愛結婚相談、防犯・トラブル相談など、警察官としての経験を活かせる全ての相談を行っています。メインブログはhttp://ameblo.jp/totakou/です。元警察官が真剣に相談にのります。

メッセージはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事