警察官10年やって子育てに専念するために退職

警察官を約10年勤めた元警察官のブログです。経歴は警察学校→交番→鑑識→刑事→機動隊など。しかし、こどもが生まれたことが転機となり退職。ブログ内容は警察官時代のこと、防犯情報、採用試験対策情報、子育て・家事のことなど。

初めての方へ 警察官採用試験対策情報 元警察官に相談したいことがある方はこちら ケチな私が買って大満足したモノのリスト
 
Top > スポンサー広告 > 警察官の仕事 1 組織構成と業務内容 > 警察官の仕事 1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

警察官の仕事 1

警察官の仕事といっても部門によって仕事の内容は全然ちがいます。




私が経験したのは交番、パトカー、機動隊、刑事等ですが、私の知っている限りでの各部門の仕事の紹介及びそれにまつわる話をしてみたいと思います。




1 地域部門
 
 地域課の業務には、交番・駐在所やパトカー、110番指令などがあります。

 交番は誰でも知っている通り、街中にある小さな警察官の拠点です。
 駐在所は、交番とほぼ同じなのですが、交番と警察官の自宅が一緒にくっついていてそこに警察官とその家族が住んでいるという形です。駐在所は駅前や繁華街ではなく、いわゆる田舎の方にあることが多いです。
 
 交番やパトカーは、ほぼすべての事件事故に真っ先に急行して初動対応を行います。
 基本的に制服勤務ですので、制服警察官が行かない方がいい事案以外についてはすべて真っ先に向かいます。

 110番指令係は、警察署の中で勤務して、110番通報が入るとそれを交番やパトカー勤務員に指令して現場に向かわせたり、刑事課や交通課など専門員に知らせたりするのが業務になります。

 110番の仕組みについてはまた別の記事で詳しく書こうと思っています

 本部の地域部には、
  鉄道警察隊
  航空隊(ヘリ)
  水上警察(船)
  自動車警ら隊

 などがあります。


2 交通部門

 名前の通り交通に関する業務です。
 具体的には、
  人身事故、ひき逃げなどの事故捜査
  白バイやパトカー、覆面車両による交通取り締まり
  車庫証明や免許に関する事務窓口業務
  交通事故防止企画

 など、交通の中でも色々な業務があります

 また、本部には取り締まりを専門にやる交通機動隊や、高速隊などもあります。



3 刑事部門

 OOK151013140I9A1226_TP_V1.jpg
刑事の「刑」というのは「刑法」のことを指してると考えてもらっていいと思います。
 刑法事件に関する捜査を行うのが刑事部門です。
 ただ都道府県によっては、覚せい剤などの刑法以外も刑事部門でやっているところもあります。

 具体的には
  窃盗(ひったくり、空き巣、車上狙い、すり)
  暴行・傷害
  殺人・強盗
  強姦・強制わいせつ
  詐欺
  選挙違反
  放火・器物損壊
  暴力団関係
  誘拐、人質
 など上げていくときりがありません。

 また、これら事件に該当するものでなくても、例えば自殺や孤独死などの変死、失火による火災なども刑事課の仕事となります。

 刑事になりたくて警察官を志す方もたくさんいますが、実際には
 作業着で何時間も死体業務をしたり、灰だらけの火災現場で真っ黒になりながら原因調査したりといった、きつくて汚くて過酷な激務です。

 私服捜査員だけでなく、鑑識も刑事部門に入ります
 
 鑑識は
  指紋やその他証拠資料の収集
  写真関係
  科学捜査
  警察犬
 などが業務です。detective-152085__480.png


 
 刑事の仕事については、別の記事で詳しくご紹介します
  

本日はここまでにします

次回で
 生活安全部門
 警備部門
 警務・総務
 留置管理

 について簡単にご紹介します




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

スポンサードリンク
PV
プロフィール

元警察官

Author:元警察官
 警察官として約10年勤務。経歴は警察学校卒業後、警察署地域課(交番・パトカー)、警察署刑事課(刑事・鑑識)、機動隊など。現在は、警察官志望者への採用試験相談や、警察官との恋愛結婚相談、防犯・トラブル相談など、警察官としての経験を活かせる全ての相談を行っています。メインブログはhttp://ameblo.jp/totakou/です。元警察官が真剣に相談にのります。

メッセージはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。