元警察官(警察官10年やりました)のブログ

警察官を約10年勤めた元警察官のブログです。経歴は警察学校→交番→鑑識→刑事→機動隊など。警察官の業務内容や現場実務、恋愛や結婚事情などのプライベート、防犯情報、採用試験対策情報など、警察官に関する情報を総合的に扱っているブログです。

初めての方へ 警察官採用試験対策情報 元警察官に相談したいことがある方はこちら 警察官の副業
 
Top > 警察官からの転職 > 警察官を続けてて幸せな人生なのか迷ったら一度転職を考えてみるのもありですよ

警察官を続けてて幸せな人生なのか迷ったら一度転職を考えてみるのもありですよ

現職警察官で毎日激務と戦っている方々、本当にお疲れ様です
寝不足、長時間残業、長期の連続勤務と本当に大変だと思います。

ところで、定年する時、自分の人生をどう思いますか?

大変だったけど充実していた。
警察は仲間意識も強く、自分に合った組織だった。
生まれ変わってもまたこの仕事をやりたい

このように思えることができそうなら、まさに警察官にぴったりな方なのだと思います。
そう思いながら定年を迎えられそうだという方は、どうかこれからもがんばって下さい。
身を挺して社会の治安・安全を守ってくれていることに本当感謝しています。


一方で、
自分の人生仕事ばかりだった。
家族も自分も仕事のために犠牲にしてばかりだった。家族やこどもとの時間をもっと過ごしたかった。
仕事も自分のやりたいことと何かちがっていた。
思い返すと我慢や苦痛ばかりの人生だった。

定年の時にこう↑思いそうな方は、私はもったいないと思います。
一度転職を考えてみるのもありだと思います。

仕事なんて誰でもお金のために我慢するもの
家族と過ごす時間を犠牲にするのは当たり前
そう思っているならそれはもったいないです。

世の中には家族やこどもと充分に過ごせている人、自分が本当にやりたいことを仕事にしている人もたくさんいます。
減った収入を後から取り戻すことはできますが、家族・こどもとの時間は後から取り戻すことはできません。

自分の人生で最優先したいことを明確にすべきです。
もし仕事や高所得よりも他に大切にしたいものがあるなら、それを実現できる方法を考えた方がいいです。

50歳を過ぎてから後悔しても遅いです。早ければ早いほどいい。

警察官をやっていては自分の望む人生を実現できないと思ったら、転職を考えてみてはどうでしょうか?

といってもすぐに決断して、明日いきなり上司に「退職を考えています」なんて言う必要はありません。

自分だけで迷ったり、少し情報を集めたりしてみればいいのです



転職・退職を考える際に思い止まろうとする理由はいくつもあると思います。
① 次の仕事は見つかるだろうか。
② これまでやってきた経験を無駄にするのはもったいない
③ 警察の中でいい仲間に出会えたのにそれを裏切るようで申し訳ない
④ おれが辞めたら、今の職場の人たちに負担を増やしてしまう。
⑤ 上司から何を言われるか。

これらについて、すでに退職した私の経験から言うと

②は、仕事を変えたら確かに直接生かすことはできませんが、それでもこれだけの特殊な経験や技能は、日常生活のいたるところで役に立っています。私は警察官の経験のおかげで今の人生得をしていると思っているし、余計な損失や損害を減らせていると思いっています

③についてですが、私は今でも警察官時代の知人たちとはいい関係を続けています
一緒にスポーツや旅行もしているし、新年会や忘年会のようなこともしています。
その中には警視クラスの幹部もいるし、交番時代に一緒だった未だ巡査の後輩もいるし。
その誰にでも共通しているのは、私が退職した人間であることに関係なく、今までとまったく同じように気持ちよく接してくれていることです。
今でも当時の思い出話をするし、最近の苦労話などもお互いします。
とてもいい関係を続けています。

しかし、これについては二極化するようです。
警察官を退職した後は、自ら警察関係の人間関係を一切絶つ人もいるようです。
電話をしても出ないし、折り返しもして来ないという退職者もいるようです。

どちらにしても、退職を考える際に、仲間や先輩・上司との関係で罪悪感のようなものを感じる必要はないでしょう。向こうはそんなに気にしてないと思いますよ。
もし途中で退職した私のことが気に入らなければ、このような関係を続けてはくれないでしょうから。
だからそんなに気にしなくても大丈夫ですよ。

④は私も気にしました。
これは異動のタイミングに合わせれば迷惑はほとんど掛からないでしょう。
異動が終わった直後にいなくなるのはさすがに迷惑だと思います。
異動の数か月前に言っておいて、異動と同時に退職すれば全然迷惑は掛からないのではないでしょうか。
大丈夫です。あなた一人いなくなったって警察の仕事は回りますから。それより自分の人生大切にして下さい。

⑤については配する人は多いと思います
もし相談したところでほとんどの上司・幹部はこういいますよね
「警察官辞めたら他に仕事はないぞ。つぶしがきかないぞ」

本当にそうだと思いますか?
そもそも転職・退職の悩みを相談するのに、職場の上司に相談しても意味がないどころか余計な悩みやストレスが増えるだけです
その詳細に別記事にまとめました→警察官から転職・退職するかという悩みは上司に相談しない方いい3つの理由


いずれにしても、本当に転職するかどうかは別にして、まずはちょこっと自分で情報集めからしてみてはどうでしょう

勉強したり、情報を取り入れてみると、彼ら(上司・幹部)の言っていることが必ずしも正しいとは限らないということがわかってくると思います。

とりあえず、自分の警察官としてキャリアを生かせる仕事・ビジネスが本当にないのかどうか。
それだけでも確認してみたらどうでしょう

今はリクナビNEXTFacebook転活アプリに登録だけしておけば、自分のキャリアに興味を持ってくれた企業があった場合メールで教えてくれます。

実は警察官の経験を持つ人を欲しがる業種って結構ありますよ。

私も登録してみて驚きました。自分では考えもしなかった業種から興味を持ってもらえました。

無料で登録するだけですので、負担や支払は一切ありません。
スマホだけで充分使えます。
職場に知られることもないです。
でも勤務時間中にやるのはやめましょうね。それは後で発覚するとまずいことになります

自宅にいながら情報を集められるのです。平日の勤務時間にどこかに面接や登録しに行く必要もありません。

警察の中には、仕事が原因で病気療養している人たちたくさんいますよね
さらに、家族まで精神的に病んでしまって人も少なくないでしょう

そうなってから転職を考えたらもっと大変です

数十年後に後悔するかもしれないと思うのであれば、勇気のある決断をした方が後悔しないかもしれません。

苦痛や忍耐ばかりの人生よりも、笑顔とか充実感の多い人生を実現しましょう

記事中で紹介した転職情報集めならこの二つ
リクナビNEXT


Switch.

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

スポンサードリンク
PV
プロフィール

元警察官

Author:元警察官
 警察官として約10年勤務。経歴は警察学校卒業後、警察署地域課(交番・パトカー)、警察署刑事課(刑事・鑑識)、機動隊など。現在は、警察官志望者への採用試験相談や、警察官との恋愛結婚相談、防犯・トラブル相談など、警察官としての経験を活かせる全ての相談を行っています。メインブログはhttp://ameblo.jp/totakou/です。元警察官が真剣に相談にのります。

ブロマガ

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

広告
ブログランキング
お役に立てた記事でしたらクリックお願いします
FC2ブログランキング
お役に立つ記事でしたらクリックお願いします

FC2Blog Ranking

rkauten
最新記事
カテゴリ
プライベート・休日 (30)
警察学校初任科 (18)
組織構成と業務内容 (1)
刑事の仕事 (4)
警察官志望者の方へ (2)
警察不祥事 (0)
防犯情報 (10)
警察官ブログ (24)
生活お役立ち情報 (9)
警察官との恋愛・結婚 (4)
初めにお読み下さい (0)
警察官採用試験 (12)
副業で稼ぐ (12)
昇任試験 (0)
警察官からの転職 (11)
空港警備隊 (2)
厳選本 (2)
地域課・交番・パトカー (7)