元警察官(警察官10年やりました)のブログ

警察官を約10年勤めた元警察官のブログです。経歴は警察学校→交番→鑑識→刑事→機動隊など。警察官の業務内容や現場実務、恋愛や結婚事情などのプライベート、防犯情報、採用試験対策情報など、警察官に関する情報を総合的に扱っているブログです。

初めての方へ 警察官採用試験対策情報 元警察官に相談したいことがある方はこちら 警察官の副業
 
Top > 警察学校初任科 > 警察採用試験合格後から入校までの間に毎日にやっておくべきこと

警察採用試験合格後から入校までの間に毎日にやっておくべきこと

今回は
警察官採用試験に合格して、警察学校に入るまでの数ヶ月の間に、ぜひ毎日やっておいた方がいいことについて書きます。

それは
走りこみです。

警察学校に入校してくる人たちの中には、20歳代にも関わらず、ましてや警察官として入校してくるにも関わらず、ろくに走ることもできないで入校してくる人がたくさんいます

 陸上部選手のようなレベルはもちろん必要ないですが、最低でも1500メートルを6分前後で走ることができる程度の走力はあった方がいいでしょう。(中学校レベルです・男性の場合です)

 
 警察学校での訓練はとても厳しくてつらいとよく言われていますが、実際は大したことはありません。
 今後の記事でどんな訓練をするのかは紹介していきます。
 少なくとも私は高校での部活の方がよっぽど厳しく大変でした。(本気で全国大会目指してましたので)
 しかし、それは私が学生を卒業した後も定期的にスポーツを続けていたからというのもあると思います。

 過去に部活などで本気でスポーツをやっていた人でも、その後運動の習慣がなくなっていれば、体はあっという間に衰えていっています。運動しないとどれだけ衰えているかもわかりません。

 そういう人は信じられないくらい走ることもできない状態で入校してきて、ちょっときつめの走力トレーニングになるといつも脱落していきます。

 そんなの恥ずかしいですよね。高校生の部活ほどの厳しいものでもないのに、途中で脱落していくなんてみじめです。
(ちょっときつめの走力トレーニングになると、いつも足が痛くなるどうしょうもないのもいました。クラス全員がウソだとわかってました)
 
 警察学校でのトレーニングでは、駅伝やリレーといったチーム制での対抗もよく行われます。
 そんな時に自分のせいでチームの成績が悪くなるとやはり恥ずかしいでしょうし、恥ずかしいとも思わないのはもっと問題です。



 繰り返しますが、訓練はそんなに厳しいものではありません。運動不足な体でなければ適度な運動程度って感じです。
 
 入校前1カ月から毎日20分くらい走っておけば、どんな人でもある程度の状態にはなるでしょう。もちろんもっと早くからやれればさらにいいです。やらずに入校するのとでは雲泥の差でしょう。
 
 忘れてはいけないのは、ダイエットが目的ではなく、走れるようになることが目的であること。息も切れずに汗を少しかく程度では足りません。
 
 ずっと運動してなかった人は、最初はジョギング程度から始めてもいいでしょうが、入校直前までずっとそれではダメです。慣れてきたら、息が切れて苦しい、酸素が足りなくて足が重い、というところまで走りこみましょう。毎日毎日同じ距離を5秒でもいいからタイムを縮めるように意識して、「走力」をアップさせましょう。
 
 「走れる」ことと「走れなくはない」というのは違います。
少なくとも「走れる」状態で入校すれば、恥ずかしくてみじめな思いはせず、堂々と誰とでも対等に成長していける入校生活が送れるはずです。
 
 恥ずかしくてみじめな思いをするのは自分自身です。
 筆記試験の結果などは自分で言わなければ隠せますが、走れなくて訓練から脱落していくのは同期全員に見られます。
 どうか自分のために、最低限運動できる体で入校していただきたいと思います。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

スポンサードリンク
PV
プロフィール

元警察官

Author:元警察官
 警察官として約10年勤務。経歴は警察学校卒業後、警察署地域課(交番・パトカー)、警察署刑事課(刑事・鑑識)、機動隊など。現在は、警察官志望者への採用試験相談や、警察官との恋愛結婚相談、防犯・トラブル相談など、警察官としての経験を活かせる全ての相談を行っています。メインブログはhttp://ameblo.jp/totakou/です。元警察官が真剣に相談にのります。

ブロマガ

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

広告
ブログランキング
お役に立てた記事でしたらクリックお願いします
FC2ブログランキング
お役に立つ記事でしたらクリックお願いします

FC2Blog Ranking

rkauten
最新記事
カテゴリ