警察官10年やって子育てに専念するために退職

警察官を約10年勤めた元警察官のブログです。経歴は警察学校→交番→鑑識→刑事→機動隊など。しかし、こどもが生まれたことが転機となり退職。ブログ内容は警察官時代のこと、防犯情報、採用試験対策情報、子育て・家事のことなど。

初めての方へ 警察官採用試験対策情報 元警察官に相談したいことがある方はこちら ケチな私が買って大満足したモノのリスト
 
Top > スポンサー広告 > お祝いにお返しをする慣習をほんとに無くしたい 警察官ブログ > お祝いにお返しをする慣習をほんとに無くしたい

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お祝いにお返しをする慣習をほんとに無くしたい

先日、知人にこどもが産まれたので「出産祝い」(一万円)を贈りました。

渡す際「お返しは本当にいらないからこの子のために使ってね。」と伝えました。

私は建前ではなく本心で言いましたし、相手方の反応からして伝わったと思いました

しかし、後日「お祝い返し」として、カタログギフトが送られてきました。

これっておそらく日本中で行われている慣習ですよね。

私、この慣習ほんとうに止めた方がいいと思うんです。

私が渡した一万円は産まれてきたこどものために使ってほしいお金です。

そのお金で例えば5千円のカタログギフトが返されてしまっては、その子に使えるお金は残りの5千円てことです。

このお返しって誰が喜ぶんでしょうか。

カタログギフト業者だけじゃないですか?

私は自分が言った通りお祝い返しがなかったとしても「お返し無いのかよ」なんて本当に思いません。

業者しか喜ばないこのお祝い返しだけで、一体どれくらいのお金が使われているのか

経済効果としてはとてもいいものだとは思います。消費の活発化に一役かっているのは間違いないとは思います。

これって本音と建て前を使い分ける日本人の美徳なんでしょうか?

私はこのお祝い返しという行為が美しいとかまったく思えません。

出産祝いだけでなく、結婚披露宴、葬式(これはお祝いではありませんが)など、業者のためのお返しがそこらじゅうで溢れています。

披露宴のご祝儀って、結婚した夫婦をお祝いするために「新郎新婦」のために渡すお金ですよね?

そのお金の一部を自分に返して欲しいとか全然思わないんです。

めでたいからパーっと業者を喜ばせようというのが、お祝い金の目的って思えばいいのでしょうか

披露宴や葬式では難しいとは思いますが、私はこれからも出産祝いなどについては「本当にお返しはやめてくれ」って言い続けるつもりです。お願いだから全額こどものために使ってほしいです。

私のこの考えに対して、「そうじゃない、お祝い返しにはもっとこういう意味がある。だからお返しはした方がいいんだ」ということを知っている方いましたらぜひ教えて下さい。

お祝い返しを受け取る度に、このモヤモヤした気持ちになるのもいやなんです



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

スポンサードリンク
PV
プロフィール

元警察官

Author:元警察官
 警察官として約10年勤務。経歴は警察学校卒業後、警察署地域課(交番・パトカー)、警察署刑事課(刑事・鑑識)、機動隊など。現在は、警察官志望者への採用試験相談や、警察官との恋愛結婚相談、防犯・トラブル相談など、警察官としての経験を活かせる全ての相談を行っています。メインブログはhttp://ameblo.jp/totakou/です。元警察官が真剣に相談にのります。

メッセージはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。