警察官10年やって子育てに専念するために退職

警察官を約10年勤めた元警察官のブログです。経歴は警察学校→交番→鑑識→刑事→機動隊など。しかし、こどもが生まれたことが転機となり退職。ブログ内容は警察官時代のこと、防犯情報、採用試験対策情報、子育て・家事のことなど。

初めての方へ 警察官採用試験対策情報 元警察官に相談したいことがある方はこちら ケチな私が買って大満足したモノのリスト
 
Top > 警察学校初任科 > 禁欲生活に耐える男たちの闘い(下ネタです)②一部有料マガジン

禁欲生活に耐える男たちの闘い(下ネタです)②一部有料マガジン

よけいなことを言ってくれた彼。

翌日の夕方
「ぜったいこのままじゃ夢精しそうだったからトイレでしてきてやったぜ」

私の心のつぶやき「別に言わなくていいから」

でも彼の気持ちはよくわかります。


集中力を再起させるには確かにそれは解決策のひとつです。

しかし私は絶対にしない決意をしました。

警察学校のトイレでした場合、終わった後に絶対に惨めな気持ちに襲われることが予想できたので。

初めての帰宅まであと10日あまり。

なんとか耐えきろう。

長い長い10日間になりました。この期間に授業でやったことはおそらくほとんど身に入っていないでしょう。

すべてあいつの一言のせいです。

しかし私は耐えきりました。

一か月耐えに耐えて、ついに初めての帰宅の日がやってきました。

この日をどれだけ待ったか。限界はとっくに超えていて爆発寸前です。

毎晩夢精しないかヒヤヒヤしてました。

ついに初めて帰宅できる金曜日の夕方になりました。

警察学校では週末に帰宅する際には、どこに滞在するかを全員書いて提出しなければいけません。

しかし、この滞在先もどこでも許されるわけではありません。

基本的には実家、又は既婚者は自宅などでないと認められません。


私は親がいる実家を滞在場所に記載して提出しました。

しかし、警察学校から出所した私が申告した通り実家に向かうはずはありません。

今一番したいことを爆発させるには、実家ではダメなのです。

実家とはまったく違う行先の電車に乗りました。

結末・全編は有料マガジン






関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

スポンサードリンク
PV
プロフィール

元警察官

Author:元警察官
 警察官として約10年勤務。経歴は警察学校卒業後、警察署地域課(交番・パトカー)、警察署刑事課(刑事・鑑識)、機動隊など。現在は、警察官志望者への採用試験相談や、警察官との恋愛結婚相談、防犯・トラブル相談など、警察官としての経験を活かせる全ての相談を行っています。メインブログはhttp://ameblo.jp/totakou/です。元警察官が真剣に相談にのります。

メッセージはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事