警察官10年やって子育てに専念するために退職

警察官を約10年勤めた元警察官のブログです。経歴は警察学校→交番→鑑識→刑事→機動隊など。しかし、こどもが生まれたことが転機となり退職。ブログ内容は警察官時代のこと、防犯情報、採用試験対策情報、子育て・家事のことなど。

初めての方へ 警察官採用試験対策情報 元警察官に相談したいことがある方はこちら ケチな私が買って大満足したモノのリスト
 
Top > スポンサー広告 > 携帯電話普及時代に警察学校生だけが大量購入するもの 警察学校初任科 > 携帯電話普及時代に警察学校生だけが大量購入するもの

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

携帯電話普及時代に警察学校生だけが大量購入するもの

それは→セット販売 105度 テレホンカード 未使用 テレカ←です。

こんなものを購入するのは、今の時代警察学校生くらいではないでしょうか。

ではなぜこれが必要なのか
         

都道府県警察によって異なりますが、私のいた都道府県警察学校では、入校中は全員携帯電話が取り上げられました

学校にいる間は教官に預けて保管され、学校を出る時に返してもらい、学校に戻ってきたらまた預ける。

教官に預ける時には、ダイヤルロックを解除して預けること、と決められていました。

理由は、預けている間にタイマーが鳴ったりした時に消すことができないからというものでした。

預けている間に携帯の中を見られているであろうことは、誰もが言っていましたが。


というわけで、学校にいる間はネットはおろか自分の携帯で電話もできないのです。

そのため、誰かに電話する時には学校の公衆電話を使わなくてはなりません

恋人がいる人は、入校中のつらい時期こそ電話したいですよね

学生みんな同じ気持ちです
夜の点呼が終わって、消灯までのわずかな時間の間、寮にある公衆電話には学生たちの行列ができます。

私もその一人でしたが、極端に会える回数が少なくなり、電話をする度に相手の気持ちが離れていっていくのがわかりとてもつらい時期がありました 結局その時の人とは別れてしまいましたが。
私が警察学校で自由に外出ができない間に、ちがう相手を見つけてしまっていました

実は警察学校中に恋人と別れてしまう人はたくさんいます。
これはまた別の記事で詳しく書きます。


そんなわけですので、公衆電話でたくさん電話するためには大量のテレフォンカードが必要なのです。
公衆電話の隣にはカードの販売機もあるでしょうが、もちろん定価です。

外で上手に買えば、大量のカードを度数よりもずっと安く買うことができます
入校中に何十枚というカードを使うことになるのですから、金券ショップやネットオークションなどを利用して、少しでも安く大量に買っておいた方がいいでしょう

恋人がいる人は、こういったネット販売などを使って必ず大量のテレフォンカードを用意していきましょう
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

スポンサードリンク
PV
プロフィール

元警察官

Author:元警察官
 警察官として約10年勤務。経歴は警察学校卒業後、警察署地域課(交番・パトカー)、警察署刑事課(刑事・鑑識)、機動隊など。現在は、警察官志望者への採用試験相談や、警察官との恋愛結婚相談、防犯・トラブル相談など、警察官としての経験を活かせる全ての相談を行っています。メインブログはhttp://ameblo.jp/totakou/です。元警察官が真剣に相談にのります。

メッセージはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。