警察官10年やって子育てに専念するために退職

警察官を約10年勤めた元警察官のブログです。経歴は警察学校→交番→鑑識→刑事→機動隊など。しかし、こどもが生まれたことが転機となり退職。ブログ内容は警察官時代のこと、防犯情報、採用試験対策情報、子育て・家事のことなど。

初めての方へ 警察官採用試験対策情報 元警察官に相談したいことがある方はこちら ケチな私が買って大満足したモノのリスト
 
Top > スポンサー広告 > 就職・転職で悩んでいる方へ 警察官からの転職 > 就職・転職で悩んでいる方へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

就職・転職で悩んでいる方へ

特に若いうちから「好きなことを仕事にするなんて無理」なんて思う必要はありません。

若いうちは、「理想を現実にするチャレンジ」をどんどんすべきです。

そして何度も失敗していいのです。若いというのはそれだけで特権です。

失敗ができるんですから。

another lifeを見てみて下さい。
中年のひとたちの言うことは参考程度にした方がいいことがわかると思います


どんな仕事をするかというのはつまり、毎日何をするのか、ということを選択することです。

毎日毎日「苦痛だけど我慢」という日々を過ごすのか、「自分のやりたいことを追求する毎日」を過ごすのかという選択です。

私は今まで2度転職しています。

というのも、やりたい仕事がひとつに絞れなかったからです。

ひとつに絞れないなら全部やってから決めようと思いました。

その一つが警察官でした。

警察官の仕事・業務自体は、やりがいのあるものもありました。

自分の人生に多くのものをもたらしてくれました。(賃金もそんなに悪くはなかったですし)

しかし、警察官をやり続けていたら私のやりたい人生は実現できないこともわかりました。

組織の体質や、幹部たちにことごとく幻滅したというネガティブな面もあります。

同期や同僚一人ひとりとはてもいい関係でしたが、警察組織や幹部は最後まで好きになれなかったし信用もできませんでした。

現場レベルでの警察官一人ひとりだけを見れば、いい人も多いんですけどね。

我慢を続ける代わりにそれなりの安定が確保された人生よりも、もっとちがう人生を実現しようと決めて警察官を辞めました。

やりたいことは明確にありました。

それでも情報収集はかなりしました。
半分は楽しみながらですが。


それにしても10年振りに転職の情報収集をしてみると驚きです。

なんて便利になっていることか。

転職サイトのことです。

無料で利用できるのに、専属のアドバイザーをつけてくれたり、希望職種の新規求人が入るとメールで知らせてくれたり。

10年前とはまったく別の時代になってました。

特によかったのが、ジョブリンクマイコミエージェントITでした。

このふたつはとてもいいサイトですので、人生を変えるための仕事を見つけてみて下さい。仕事探しのプロと相談しながら、自分が満足できるような仕事を提案してもらえます。

利用も相談も無料です。

無料登録はこちらから
ジョブリンク
マイコミエージェントIT

我慢に耐える毎日ではなく、やりたいこと追求する毎日になるように、初めの一歩の行動を起こしてみて下さい。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

スポンサードリンク
PV
プロフィール

元警察官

Author:元警察官
 警察官として約10年勤務。経歴は警察学校卒業後、警察署地域課(交番・パトカー)、警察署刑事課(刑事・鑑識)、機動隊など。現在は、警察官志望者への採用試験相談や、警察官との恋愛結婚相談、防犯・トラブル相談など、警察官としての経験を活かせる全ての相談を行っています。メインブログはhttp://ameblo.jp/totakou/です。元警察官が真剣に相談にのります。

メッセージはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。