元警察官(警察官10年やりました)のブログ

警察官を約10年勤めた元警察官のブログです。経歴は警察学校→交番→鑑識→刑事→機動隊など。警察官の業務内容や現場実務、恋愛や結婚事情などのプライベート、防犯情報、採用試験対策情報など、警察官に関する情報を総合的に扱っているブログです。

初めての方へ 警察官採用試験対策情報 元警察官に相談したいことがある方はこちら 警察官の副業
 
Top > プライベート・休日 > 血塗られた空港「成田空港」②

血塗られた空港「成田空港」②

当時の日本には、「極左集団」と言われる、様々なテロ集団が存在していました。

現在の日本にもたくさんいますが、1960年代頃は特に活動がピークでした。

日本という国を、テロやゲリラなどの行為で転覆させて新しい国を築こうということを掲げている集団です。

「極左集団」といっても、その中にいろいろな集団がいます。

航空機をハイジャックして北朝鮮に向かったテロ、いわゆる「よど号事件」、「浅間山荘事件」、などがもっとも有名です。

このような事件を起こすテロ集団が他にもたくさんいました。


こういう集団は、どこかで「国家との戦い」が起こると、それに便乗してテロ行為や襲撃、破壊活動を行って、自分たちの力を示そうと考えます。

彼らの敵は国家であり、国家の中でも実力行使をする警察官は特に憎き敵です。

「国家との闘争」に加わり、そのの中で警察官や、国家側の人々をテロ行為で襲うのです。


成田で国家との戦いが起こったと知ると、すぐにこの「極左集団」が「反対同盟」に参入してきました。

ここから成田闘争の性質はまったく異なります。

「国家に土地を奪われたために戦う人」と「それに便乗して国家を破壊しようとするテロリスト」が、国家と闘うという構図になります。

そして実際に極左集団は、多くのテロ事件を起こしていきます。

大怪我を負う人、一生寝たきりになるほどの生涯を負わされた人、そして死者の数も増えていきます。

事件は多すぎてすべて上げたらきりがないので、ひとつだけ取り上げます。

千葉県警成田空港警備隊に入ったら必ず誰でも教えられる事件、それが「東峰十字路事件」です。

若い3人の警察官が、「極左テロリスト」に惨殺された事件です。

次回③に続く。



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

スポンサードリンク
PV
プロフィール

元警察官

Author:元警察官
 警察官として約10年勤務。経歴は警察学校卒業後、警察署地域課(交番・パトカー)、警察署刑事課(刑事・鑑識)、機動隊など。現在は、警察官志望者への採用試験相談や、警察官との恋愛結婚相談、防犯・トラブル相談など、警察官としての経験を活かせる全ての相談を行っています。メインブログはhttp://ameblo.jp/totakou/です。元警察官が真剣に相談にのります。

ブロマガ

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

広告
ブログランキング
お役に立てた記事でしたらクリックお願いします
FC2ブログランキング
お役に立つ記事でしたらクリックお願いします

FC2Blog Ranking

rkauten
最新記事
カテゴリ