警察官10年やって子育てに専念するために退職

警察官を約10年勤めた元警察官のブログです。経歴は警察学校→交番→鑑識→刑事→機動隊など。しかし、こどもが生まれたことが転機となり退職。ブログ内容は警察官時代のこと、防犯情報、採用試験対策情報、子育て・家事のことなど。

初めての方へ 警察官採用試験対策情報 元警察官に相談したいことがある方はこちら ケチな私が買って大満足したモノのリスト
 
Top > スポンサー広告 > こどもが将来なりたい職業 警察官が上位に 警察官ブログ > こどもが将来なりたい職業 警察官が上位に

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こどもが将来なりたい職業 警察官が上位に

「警察官」というのは、こどもたちのきれいな心には「悪と戦う正義の存在」として映っているのでしょうか。

男の子は、ゴレンジャーや仮面ライダーなどのヒーロー戦隊モノが大好きですね。かっこよく悪をやっつける正義の味方。
現実世界でもっともそれに近いのが警察官なのかもしれませんね。


そういえば私が交番勤務の時こんなことがありました。

交番に小学校前の男のを連れた若いお母さんがやってきました。男のはべそをかいています。

「どうしました?」と聞いたら、「ほら、おまわりさんに何したか自分で言ってごらん!」と怒り口調でこどもに言います。

こどもはさらき泣き始めます。

お母さんから事情を聞くと、どうやらこの子は一緒に遊んでいた友達のおもちゃが欲しくて、こっそりポケットにいれて持ってきてしまったそうです。
しかもそれが二回目。

一回目の時にきつく注意したにも関わらず、またこどもが同じことをやってしまった。

どうやったらもっとこども反省させられるか。

考えたお母さんが思いついたのが、本物の警察官から言ってもらう、ということでした。

この男の子は日頃からパトカーや白バイなど警察好きだったそうです。
そしてその子自身が「悪いことする奴は警察官が捕まえるんだ」と言っていたそうです。

これを逆手に取り、悪いことをしたその子を、直接警察官に会わせるということを考えたのです。

こどもは純粋です。自分が悪いことをしたということはわかっています。
そして本当に警察官のところに連れてこられてしまった。
自分は捕まっちゃう、と本当に思って怖かったんでしょう。
かなり怯えて懲りた顔をしながら泣いていました。

そのお母さんは私に「おまわりさんにこんなことを頼んでもうしわけありませんが、一言だけいってもらえませんか」と言いました。

確かにこんなことでよく本当に交番まで連れてきたなと、一瞬思いました。

しかし、大した労力がいるわけでもないし、将来ある大切なこどもです。
それにもし本当に盗み癖が付いているとしたらまずいことです。

事情を聞いて、制服警察官から言うことで、少しは役に立てるかもしれないと思い、お母さんの協力に応じることにしました。
とはいっても、ここに連れてこられた段階でこんなに泣いているということは、すでに目的の半分は達成できているのではないかとも思いました。

しかし、これを事前準備なくいきなりやるのは中々難しいです。
ある程度は怖がらせなきゃいけないし、恐がらせるだけでも効果はありません。

どうやって話をするか、短い時間で考えました。

そして、やはり少し怖がらせて、二度としないことを約束させる、盗まれた相手の子の気持ちに気がつかせる、
この3点でいこうと考え、男の子にソフトな話し方で言いました。

友達のおもちゃを本当に盗んだのか
人の物を盗んだ人はどうなるのか
盗まれた子は今頃どう思っているか
逮捕して連れていこうか考えてるけど、二度としないと約束できるか

その子は泣きながらも、つっかえつっかえ必死に答えていました。

未就学段階の子が制服警察官と話をするだけでも緊張するはずです。さらにこんな話をされて怖かったと思います。

特に交番警察官は、けん銃、無線機、警棒、手錠、すべて目に見えるように装備しています。

そんな中、本当に必死に答えていました。

二度としないということをしっかり約束させた後、警棒や手錠を見せてあげたり、交番にあったこどもに配布するための警察グッズなんかをあげて、最後は泣き止んで帰って行きました。

このような頼まれごとをしてきた訪問者は後にも先にもこのお母さんだけでした。
こどもを思う母親の実行力には頭が下がります。


今回のアンケート結果で警察官が人気が高いというのをみて、その時のことを思い出しました。


でも、このブログに書いてる警察官の実態を知ったら、こどもたちの憧れは壊れてしまうだろうなぁと思いました。



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

そうなんですよ

うちにも四歳の息子がいますが、大きくなったら
お巡りさんになる!と言ってます。
11月に警察署見学で、パトカーに乗せてもらったり
白バイに乗せてもらったりしたそうですが、すごく喜んでました。

「おまわりさんなって、白バイにのるんだ!」
といつも言ってます。
街を歩いていても、警察官を見る度、わぁい!おまわりさんだぁと
大喜び。

私、兵庫県出身なんですが、秋に兵庫県の機動隊の
若い男の子二人が寮で自殺しましたよね…。翌月には
兵庫県の若い巡査が自殺したニュースも。こういうニュースを
みると、うーん。なっても大丈夫かなぁ?なんてちょっと
心配になったりもしました…。

Re: そうなんですよ

RIKAさんコメントありがとうございます。
4歳の息子さんとてもかわいいですね。


兵庫県警の警察官が自殺したのは私も知っています。
原因は上司の嫌がらせでしたっけ?

警察の中ではそういうことが数多く起こっています。
本当に理不尽なことが多いですし、警察組織が守ろうとするのは職員一人ひとりではなく、組織ですから。

息子さんが大きくなっていって、発達段階に応じたことを教えていってあげて下さい。
スポンサードリンク
PV
プロフィール

元警察官

Author:元警察官
 警察官として約10年勤務。経歴は警察学校卒業後、警察署地域課(交番・パトカー)、警察署刑事課(刑事・鑑識)、機動隊など。現在は、警察官志望者への採用試験相談や、警察官との恋愛結婚相談、防犯・トラブル相談など、警察官としての経験を活かせる全ての相談を行っています。メインブログはhttp://ameblo.jp/totakou/です。元警察官が真剣に相談にのります。

メッセージはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。