警察官10年やって子育てに専念するために退職

警察官を約10年勤めた元警察官のブログです。経歴は警察学校→交番→鑑識→刑事→機動隊など。しかし、こどもが生まれたことが転機となり退職。ブログ内容は警察官時代のこと、防犯情報、採用試験対策情報、子育て・家事のことなど。

初めての方へ 警察官採用試験対策情報 元警察官に相談したいことがある方はこちら ケチな私が買って大満足したモノのリスト
 
Top > スポンサー広告 > 警察官の仕事・「刑事部」 プライベート・休日 > 警察官の仕事・「刑事部」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

警察官の仕事・「刑事部」

刑事の「刑」というのは「刑法」のことを指してると考えて下さい。。
 
刑法事件に関する捜査を行うのが刑事部門です。
 ただ都道府県によっては、覚せい剤などの刑法以外も刑事部門でやっているところもあります。

 具体的にはPCMAX

  窃盗(ひったくり、空き巣、車上狙い、すり、万引きなど)
  暴行・傷害
  殺人・強盗
  強姦・強制わいせつ
  詐欺
  選挙違反
  放火・器物損壊
  暴力団関係
  誘拐、人質
 など上げていくときりがありません。



 また、これら事件に該当するものでなくても、例えば自殺や孤独死などの変死、失火による火災などの原因究明も刑事部の仕事となります。

 刑事になりたくて警察官を志す人は多いですね。
 しかしドラマなどと現実がもっともかけ離れているのがこの刑事課の実態です。

 作業着で何時間も死体業務をしたり、灰だらけの火災現場で真っ黒になりながら原因調査したり、きつくて汚くて過酷な激務です。

 鑑識も刑事部門に入ります
 
 鑑識は
  指紋や足跡その他証拠資料の収集
  写真関係
  科学捜査
  警察犬
 などが業務です。

 
 刑事の仕事には私は実際に経験してきましたので、別の記事で詳しくご紹介します。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

スポンサードリンク
PV
プロフィール

元警察官

Author:元警察官
 警察官として約10年勤務。経歴は警察学校卒業後、警察署地域課(交番・パトカー)、警察署刑事課(刑事・鑑識)、機動隊など。現在は、警察官志望者への採用試験相談や、警察官との恋愛結婚相談、防犯・トラブル相談など、警察官としての経験を活かせる全ての相談を行っています。メインブログはhttp://ameblo.jp/totakou/です。元警察官が真剣に相談にのります。

メッセージはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。