警察官10年やって子育てに専念するために退職

警察官を約10年勤めた元警察官のブログです。経歴は警察学校→交番→鑑識→刑事→機動隊など。しかし、こどもが生まれたことが転機となり退職。ブログ内容は警察官時代のこと、防犯情報、採用試験対策情報、子育て・家事のことなど。

初めての方へ 警察官採用試験対策情報 元警察官に相談したいことがある方はこちら ケチな私が買って大満足したモノのリスト
 
Top > スポンサー広告 > 警察官を辞めてどんな仕事に就けばいいか 警察官からの転職 > 警察官を辞めてどんな仕事に就けばいいか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

警察官を辞めてどんな仕事に就けばいいか

警察官を辞めてどんな仕事に就けばいいかわからない。

わからなくて当然です。

民間企業と公務員のキャリアは大きくちがいます。今まで公務に専念してきた人が簡単にわかることではありません。

しかし、「公務のキャリア」が民間企業や人材市場で評価されないかというとそんなことはありません。
業種、業界によってはけっこう意外なところから重宝されたりします。何も警備会社とか調査会社とかそんなところばかりではありません。

しかし、自分の能力を自分で市場評価するのはやはり難しいです。

ではどうしたらいいかというと簡単です。
プロに見てもらえばいいのです。

例えばワークポートのように専属のアドバイザーに見てもらえるようなところに登録すればいいのです。

アドバイザーはプロです。あなたのキャリアでどのような仕事の可能性があるか分析してくれます。
ワークポートの専属アドバイザーたちというのは、各業界ごとに担当が分かれています。
そして何といっても、その業界で実際に働いていた経験者たちなのです。だから強いんですね。
IT、建設、製造、など各業界ごとに、その業界の経験者がその業界を希望する登録者の担当としてついてくれます。

自分一人で悩むより、数倍のスピードで数倍の情報が得られますよ。

これが無料でできるんですから利用すべきです。
一人で悩んでもわからないものはわかりません。時間を浪費するだけです。

毎日が忙しくて面談に行けないという人には、メールや電話でも対応してくれます。

それだけじゃなくて、ワークポートの担当者が逆に登録者の方を訪問してくれるサービスまであります。

数分の登録と、一度の面談で人生に役立つ情報を得られるかもしれません。
ぜひ一人で悩まずプロのアドバイスを利用して、新しい道を切り開いて下さい。
自分では思いもよらなかった仕事に就ける可能性も生まれますよ。

簡単な登録は↓↓こちらから
      ワークポート
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

スポンサードリンク
PV
プロフィール

元警察官

Author:元警察官
 警察官として約10年勤務。経歴は警察学校卒業後、警察署地域課(交番・パトカー)、警察署刑事課(刑事・鑑識)、機動隊など。現在は、警察官志望者への採用試験相談や、警察官との恋愛結婚相談、防犯・トラブル相談など、警察官としての経験を活かせる全ての相談を行っています。メインブログはhttp://ameblo.jp/totakou/です。元警察官が真剣に相談にのります。

メッセージはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。