警察官10年やって子育てに専念するために退職

警察官を約10年勤めた元警察官のブログです。経歴は警察学校→交番→鑑識→刑事→機動隊など。しかし、こどもが生まれたことが転機となり退職。ブログ内容は警察官時代のこと、防犯情報、採用試験対策情報、子育て・家事のことなど。

初めての方へ 警察官採用試験対策情報 元警察官に相談したいことがある方はこちら ケチな私が買って大満足したモノのリスト
 
Top > 警察官からの転職 > 現役警察官からのコメント

現役警察官からのコメント

以下現役警察官からいただいたコメントです

「今まさに警察をやめたいということで悩んでいてこのブログに行き着きました。
若くして内勤勤務となり今までやってきましたが、職場の人間関係や五ヶ月連続超勤100時間越え、五ヶ月間で休日8日等様々な要因からもう限界です。
就職先が決まるまでと思っていたのですが、残業が多く休日ほぼ無しのため就職活動も時間がとれなかいのが現状です。
何か良いアドバイスがあれば教えていただきたいのです。」


コメントを読んで、私も警察官だった時のことを思い出しました。

五か月連続で毎月の残業時間が100時間越え
五か月で休日が8日

結構ひどいですね。

転職したいとのことですが、確かにこの勤務状況では転職活動をする時間はないですね。

警察官に限らず「転職したいけど今の仕事で時間がない」という方は多いと思います。

そういう方に私がはっきりいいたいのは、
「本気で転職したいなら、先に辞めるしかない」
ということです。

さらに付け加えれば
「辞めてしまえば何となる」
です。

ちょっと軽々しく聞こえるかもしれませんが、でも本当のことです。

何とかなるし、何とかするしかないんです。

このまま人生を後悔するような毎日を続けていくのか、勇気を出して変える決断をするのか。

「このままでは絶対人生後悔する」と思ったら、辞めてしまえばいいのです。

むしろ限界を超えるまで無理を続けて、不健康になったり病気になったりしたら、辞めた後さらに不利になります。

「本気で新しい人生をつかみたい」
「今の仕事を続けながらでは新しい仕事を決める時間がない」

こういう方は、次の仕事が決まっていなくても「まずは辞める」しか方法はないと思います。

大丈夫です。なんとかなります。
私も含め警察官から転職した知人の中で、仕事が見つからず野垂れ死にした人なんていません。
収入が減った人もいるし、増えた人もいます。

でも、あの警察特有の息苦しさや理不尽さからは解放されています。

「警察官を辞めたことを後悔している」と言っている人は今のところ聞いたことありません。


本気で人生を変えようと考えている人は、「まずは辞めてもなんとかなる」と覚えておいて下さい。

人生を長い目で見れば「一時的に仕事を辞める」なんてことは大した決断ではありません。私も辞めてますが、辞めてよかったと思っています。

例によって転職リンク集を貼っておきます。 働けなくなるくらいまで我慢しては手遅れです。勇気と決断は早ければ早いほど有利です。

豊富な新着求人、スカウト、ITエンジニア専用の転職サイトもありますリクナビNEXT

各分野の経験豊かなコンサルタントがあなたの転職をお手伝い【転職支援サービスヒューマンタッチ】


オファーはすべて「面接確約」MIIDAS
ブラック企業に就職しないためには求人口コミのあるキャリコネ転職サービス

Facebookを活用した新感覚スカウト転職サイトSwitch.

IT・Web転職サービスなら【レバテックキャリア】
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

スポンサードリンク
PV
プロフィール

元警察官

Author:元警察官
 警察官として約10年勤務。経歴は警察学校卒業後、警察署地域課(交番・パトカー)、警察署刑事課(刑事・鑑識)、機動隊など。現在は、警察官志望者への採用試験相談や、警察官との恋愛結婚相談、防犯・トラブル相談など、警察官としての経験を活かせる全ての相談を行っています。メインブログはhttp://ameblo.jp/totakou/です。元警察官が真剣に相談にのります。

メッセージはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事