警察官10年やって子育てに専念するために退職

警察官を約10年勤めた元警察官のブログです。経歴は警察学校→交番→鑑識→刑事→機動隊など。しかし、こどもが生まれたことが転機となり退職。ブログ内容は警察官時代のこと、防犯情報、採用試験対策情報、子育て・家事のことなど。

初めての方へ 警察官採用試験対策情報 元警察官に相談したいことがある方はこちら ケチな私が買って大満足したモノのリスト
 
Top > スポンサー広告 > 刑事課業務で嫌だったもの2位 深夜の検視室で変死体と・・② 刑事の仕事 > 刑事課業務で嫌だったもの2位 深夜の検視室で変死体と・・②

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

刑事課業務で嫌だったもの2位 深夜の検視室で変死体と・・②

前回の続きです

検視室は警察署の敷地内のもっとも奥、目立たない場所にあります。

深夜1時で周囲には誰もいません。

ガレージの一番奥にある仕切られた小さな部屋が検視室です

検視室の入口手前7~8メートルの所には古ぼけた電灯が吊るされていますが、その照度はかなり低く、検視室のドアの前はほぼ真っ暗です。手持ちライトで照らさないと、鍵穴に鍵をさすこともできません。

電灯の位置からライトでドアを照らすと、昼間よりも固く閉じられている感じがしました。

ドアに近づいていくと足元がどんどん暗くなります。
電灯が後ろから照らしてくるので、自分の影が薄っすらと動いています。
とても後ろを振り向く気になりません。

死体がない時でも夜間には来たくないところです。

「さっさと終わらせよう」と思い、すべての感情を捨て自分は機械だと思いながら、鍵を開けてドアを開けます。

室内は電灯が消えているため真っ暗です。
しかしすぐに死体の臭いと線香の匂いが混じった空気が外に向かって流れてきました。

何はともあれまずは電灯のスイッチです。
ドアを開けて、ドアの位置から左手を伸ばせば届くところにスイッチはあります。
スイッチを付けると室内は明るくなりました。

しかしそれとともに目に入った来たのが当然ながらご遺体です。
冷たいコンクリート台の上に置かれた遺体は、夕方に検視を終えた時と何一つ変わらない姿でした。



検視室のドアは押さえていないと閉まってしまう構造です。
そのためドアの足元には、ドアを押さえておくためのコンクリートブロックが常におかれていて、この時もそれを使ってドアが絶対に閉まらないように設置しました。

古いドアの開閉音、コンクリートブロックを引きずる音、私が起こす音以外は何も物音はしません。

さて、電気は付けたしドアは閉まらないように固定したし、後はさっさと硬直の具合を確かめて終わりにしようと思いました。

死体は私の方に足を向けていて、頭部が奥です。
足首を持って膝が曲がるかどうかくらい確認すれば硬直の具合はわかりそうです。
そうすればわざわざ顔の方まで行く必要もありません。

足首を持つととても冷たい感触が伝わってきました。
足首をちょっと持ち上げて確かめたところ、抵抗なく膝は曲がりました。

硬直は終わっているようでした。

「これはまずい」と思いました。

もし足で確認して硬直が続いていれば、そこで終わりにしてさっさと戻って「まだ硬直してました」と言えます。

しかし足の硬直が終わっているとなると、上半身も確かめなくてはなりません。下半身と上半身では差があることがあります。
足の硬直が終わっていたからと言って、それだけ確認して「硬直終わってます」と報告し、上司と検視作業に来てみたら上半身がまだ硬直していたということにもなりかねません。

ですので、上半身の硬直も確かめなくてはいけなくなりました。

遺体の顔を見ないように手の指と肘、肩を動かします。
しかし見たくないと思うほど、視界の中で顔が、特に目が気になってしまいます。

腕を確認している間、どうしても死体の目線が私の方を見ているような気がしてしまいます。
作業としては数秒で終わったと思いますが、とても長く感じられました。

どうやら上半身の硬直も終わっていたようでした。

顔の方をいっさい見ずに、一目散にドアの方に向かい電気のスイッチを消して出ていこうとしました。

今回はここまでで。
次回で終わりにします


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

スポンサードリンク
PV
プロフィール

元警察官

Author:元警察官
 警察官として約10年勤務。経歴は警察学校卒業後、警察署地域課(交番・パトカー)、警察署刑事課(刑事・鑑識)、機動隊など。現在は、警察官志望者への採用試験相談や、警察官との恋愛結婚相談、防犯・トラブル相談など、警察官としての経験を活かせる全ての相談を行っています。メインブログはhttp://ameblo.jp/totakou/です。元警察官が真剣に相談にのります。

メッセージはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。