警察官10年やって子育てに専念するために退職

警察官を約10年勤めた元警察官のブログです。経歴は警察学校→交番→鑑識→刑事→機動隊など。しかし、こどもが生まれたことが転機となり退職。ブログ内容は警察官時代のこと、防犯情報、採用試験対策情報、子育て・家事のことなど。

初めての方へ 警察官採用試験対策情報 元警察官に相談したいことがある方はこちら ケチな私が買って大満足したモノのリスト
 
Top > スポンサー広告 > 買ってはいけない警察官採用試験対策教材 警察官採用試験 > 買ってはいけない警察官採用試験対策教材

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

買ってはいけない警察官採用試験対策教材

警察官採用試験に合格するための対策や情報がネットでもあふれていますね

警察官採用試験に本気で合格したい人には、藁にもすがる思いで色々探していると思います

そのような相談が多かったことから、私自身も少しネットで販売されている「警察官採用試験合格」のための情報商材などを色々見てました

そうしたら、胡散くさいのがあるある。
しかも平気で3万とか5万とか高額な料金ですね。

どうしても合格したいという志望者の気持ちに付け込んで、まるでこれを買わなければいつまでも不合格を繰り返すかのような文言で煽っているものがたくさんありました。

「元警察官だからできる採用試験合格法」
みたいな、「元警察官」によるものも結構ありました。

今回10件くらいの商材を見て、

まず、利用(購入)すべきではないと思ったものに共通するのは

今すぐ申し込みしないと定員オーバーになる。
・今申し込まないと今後人気が出てからでは値上げされる
・お金を支払うまで具体的な内容が明らかでない
・「合格するために出費を惜しむことは恥ずべきこと」みたいに言っている
・「購入者の声」みたいのが掲載されているが、すべてがその商材を高評価している。
 販売者の自作自演の臭いがプンプンします。アマゾンや楽天のようなプレビューでさえ鵜呑みにできないのに。
・採用試験に出題される具体的な問題や、その傾向に関する記述が皆無。そのため、点数を上げるための効果があるとは思えない


↑↑↑このような項目に共通する情報商材はまずやめておいた方がいいでしょう
何万円もの出費をして、結局書店で参考書一冊買った方がよっぽどよかったと思うことになります

基本的に警察を退職した「警察OB」というのは、警察官採用試験の指導ができるとは思いません。
警察OBということは、一度は採用試験には合格してます
でも一度だけです。
しかもそれっていつのことですか。5年も10年も前の合格実績に意味があるでしょうか

本当に信用できる指導者の実績とは何か。それは2つです。
最新の警察官採用試験に数回合格してる、又は合格させた指導実績がある。
この二つのどちらかがあれば、採用試験に合格するための指導者として納得できます
何年も前の採用試験に一度合格しただけの実績など、採用試験の指導として何の意味もありません。

また、「警察OBだから警察の仕事や組織の中身に詳しい。だから私の指導を受ければ、他の受験者が面接では言えないようなことが言えるようになる」
とか、
「警察にいたからこそ、警察組織が望む人材がわかる」
とか、そういった勧誘文句を見かけました。

そういうのを読んで「なるほど」と思わないで下さいね。

そもそも、警察の仕事の詳細を知っているか、とか、警察という組織の体質を知っているかとか、
面接官がそんなことに対する答えを受験者に要求しているわけがありません

まだ警察官じゃないんですから、そんなことを知らなくて当たり前です。

面接官が聞きたいのはそういうことではないですよね。

もちろん、ある程度は警察の仕事を知っていることも必要です。
警察官の仕事は、火災を消火したり急病人を助けること、など思っていては困ります。

でも、まだ警察官ではない外部の人間として知ることができる範囲で十分ということです。
何も内部にいた人にしかわからないようなことまで知る必要はありません。

以上のような理由から、警察OBが売っている受験対策というのはやめた方がいいというのが私の見解です。


では次に私自身がもっともお勧めする採用試験対策についてです。

私は、警察官採用試験の受験指導を行っている専門学校の講義を受けるのがもっとも近道だと思っています。

なぜなら私自身が利用して、その圧倒的な効果を身をもって体験しているからです。

私が利用したのは、LECリーガルマインド
という学校です。
私は採用試験の3か月前から勉強を始めて、2か月前からこの学校の講義を受け始めました。
利用してみて思ったのは、このLEC
の講義を受けてなかったら、間違いなく3か月で合格はできなかったということです。

私は試験科目の中でも「数的推理」や「判断推理」が苦手でした。
でもこれらの科目は、絶対に克服しないと合格できません。

そこで、特にこれらの科目の指導で有名な畑中敦子
という先生のいる学校ということで決めました。
この畑中敦子という先生の指導はさすがでした。やはり合格させる指導者のプロだと思いました。
数的処理などを短時間で解くための裏ワザや近道をたくさん知っています。
講義ではそれらを惜しみなくすべて教えてくれます。

この人の講義のおかげで苦手だった数的処理や判断推理が、得意科目になりました

特にこの畑中敦子先生の指導効果も素晴らしかったです。
しかし、この先生以外の講義もどれも指導効果の高いものばかりでした。

さすが合格指導のプロたちだと思いました。

学校といっても、学校側が決めた時間に通学しなければいけないわけではありません。
自分の好きな時間を利用して講義が受けられます。

学費はまとまった金額は必要になります。
でも、最短で一発で合格すれば、掛かった学費の分などすぐに回収できます。

安くて効果の薄い受験対策を購入しているより、よっぽど経済的です

このLECリーガルマインド
、は警察官採用試験合格指導のプロです。

無料の資料請求だけでもしてみることを絶対的にお勧めします


何度か不合格が続くと、「もっといい教材があるのではないか」と思ってしまう気持ちはよくわかります。
しかし役に立たない5万円の教材を何十件買っても意味はありません。
それならば、20万~30万円払っても本当に合格に近づける指導を受けたましょう。
早く警察官になれば、受験に費やした投資分などすぐに取り返せます。
不安な気持ちから、あれもこれもと合格法を探して、「秘密の合格法」みたいな胡散臭いものに手を出さないように気を付けて下さい。
教材コレクターになっても合格はできません。


お金に余裕があっていくらでも使えるという人は手あたり次第に勝ってみてもいいでしょう。
しかし警察官を目指し受験生活をしている人で、お金に余裕がある人もそんなに多くはないと思います。

そこで、お金と時間を少しでも無駄にしないよう役に立てればと思い、今回私自身で少し調べてみました。
少しでも参考になり、合格に役立てば幸いです。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

スポンサードリンク
PV
プロフィール

元警察官

Author:元警察官
 警察官として約10年勤務。経歴は警察学校卒業後、警察署地域課(交番・パトカー)、警察署刑事課(刑事・鑑識)、機動隊など。現在は、警察官志望者への採用試験相談や、警察官との恋愛結婚相談、防犯・トラブル相談など、警察官としての経験を活かせる全ての相談を行っています。メインブログはhttp://ameblo.jp/totakou/です。元警察官が真剣に相談にのります。

メッセージはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。