元警察官(警察官10年やりました)のブログ

警察官を約10年勤めた元警察官のブログです。経歴は警察学校→交番→鑑識→刑事→機動隊など。警察官の業務内容や現場実務、恋愛や結婚事情などのプライベート、防犯情報、採用試験対策情報など、警察官に関する情報を総合的に扱っているブログです。

初めての方へ 警察官採用試験対策情報 元警察官に相談したいことがある方はこちら 警察官の副業
 
Top > プライベート・休日 > 警察官が海外旅行に行くための遠い道のり

警察官が海外旅行に行くための遠い道のり

警察官になったら海外旅行に行くことがどれほど大変か




まず当然ながら海外旅行に行くには許可が必要です。

この海外旅行の許可を得るまでが、とてつもなく遠い道のりになります。
他府県への外出許可とは比較になりません。

その前に、そもそも警察官には海外旅行に行けるだけのまとまった休みが取れることはほとんどありません。
奇跡的に休みが取れたとか、ほぼ唯一のチャンスは新婚旅行くらいのものです。



海外旅行にいくには旅行出発前の90日以上前に、自分の所属先だけではなく、都道府県警察本部までの許可を得ておかなくてはいけません。

この許可申請の書類には
・旅行先
・旅行の日時・スケジュール
・宿泊先のすべてのホテルと連絡先
・同伴者と氏名や年齢、自分との関係
・旅行費用
など、かなり詳細な記述が課されます。

90日前といったら、1か月半前です。
旅行に行く90日も前に、
これらがすべてわかるでしょうか、



 新婚旅行ならそれくらい前でもある程度スケジュールは決められるかもしれませんが、例えば夏休みに行こうと考えて休暇申請と一緒に出したくても、一緒に行く友人や家族の予定が90日前に決められるとは限りません。

そのため、この90日前許可という制度のせいで、すでに海外旅行は実現が厳しくなります。



 そもそもなんで1カ月以上前に許可を取らなくてはいけないのかさっぱりわかりませんし、意味があるとは思えません。
でもそのような決まりになっているのです。
 これは、隣の韓国に行こうが、ヨーロッパやアメリカに行こうが南極に行こうが90日前と決まっています。また、警察官は絶対に行ってはいけない国もあります。



さらに面倒なのは上司によっては、この申請した旅行内容にいちいちケチをつけてくることがあるのです。
「貯金もロクにしてないのにこんなに高額な海外旅行にいくのか」
「一人で旅行などして、旅先で何かあったらどうするんだ」
「一緒に旅行に行く人は、警察官として問題にならない関係なのか」

など、いちいちケチをつけてきたり、詮索してきたりします。

こうやっていちいちうっとおしいことを言うから、虚偽の記載をしたり届け出をしない人が出てくるのです。

このようなうんざりするような思いをしながら、なんとか許可を得ることができたとしてもまだ安心できません。

私はこのような手続きを経て許可を取ったにもかかわらず、新婚旅行を10日前になってキャンセルさせられた経験があります


キャンセル料が6万円以上掛りましたが、もちろん自己負担です。




90日前に許可申請も取っていたのに、職場の都合で強制的にキャンセルさせられました。




キャンセルさせられた原因となった仕事内容の詳細までは掲載できませんが、


その時幹部は私に対し、「警察官はそうゆうものだ、こんな時に旅行を予定したお前の運が悪かったな」等と簡単に言ってました。



私自身もとても納得できませんでしたが、さらに私が苦しかったのが、結婚したばかりの妻にそれを言わなければいけない時でした。



旅行は行けなくなった上に、キャンセル料は自分たちで負担。
さすがに私の妻もこの時以降警察組織に対して不信感を持つようになりました



そんなことがあったので、私はこういった組織の体質に素直に付き合うのがバカらしくなっていきました。

 その新婚旅行キャンセルの一年以上後になりますが、珍しく4日間ほど休みが取れることになった時があり、妻も同じ時に休みが取れそうだったので、アジアでしたが、海外旅行に行くことにしました。



 でも前回のこともあり、職場や幹部に対して不信感が強かったので、許可を出さずに勝手に行ってきました。

もし何かあって発覚したらまずいことになる、という心配はありましたが、あの面倒な手続きをまたすることを考えると絶対に嫌でした。



 何もなく無事に帰ってきましたので、私がその間海外旅行に行ってたことは今でも知られてないと思います。(退職した今知られても何も問題ありませんが)




 ただ、同僚で同じようなことをして失敗したケースもあります

許可申請をせずに2泊3日くらいの強行日程でグアムに行ったのですが、本当に運が悪く、グアムに行っている間に大きな事件が発生して非常招集が掛かってしまったのです。


 召集が掛っても、当然その人は出勤してきません。
いつまで経っても出勤してこないため幹部が、「あいつはどこいった?早く連絡して呼んでこい」という騒ぎになりました。
しかし、グアムに行ってることを知ってる数人の同僚たちは「いくら連絡してもムリムリ、今頃グアムでバカンスだから」とハラハラするやらおもしろいやらだったそうです。


 何も知らずにグアムで楽しんだ後帰国して、その事実を知った本人は、後日青ざめて職場に来たそうです。


、その後、すぐに異動で飛ばされてしまいました

  



警察官になる、警察官と家族になるということは、このようにプライベートな楽しみまで制限されるということは知っておきましょう。







関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

スポンサードリンク
PV
プロフィール

元警察官

Author:元警察官
 警察官として約10年勤務。経歴は警察学校卒業後、警察署地域課(交番・パトカー)、警察署刑事課(刑事・鑑識)、機動隊など。現在は、警察官志望者への採用試験相談や、警察官との恋愛結婚相談、防犯・トラブル相談など、警察官としての経験を活かせる全ての相談を行っています。メインブログはhttp://ameblo.jp/totakou/です。元警察官が真剣に相談にのります。

ブロマガ

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

広告
ブログランキング
お役に立てた記事でしたらクリックお願いします
FC2ブログランキング
お役に立つ記事でしたらクリックお願いします

FC2Blog Ranking

rkauten
最新記事
カテゴリ